2017/07/18 20:10

ストレスが原因で起こる乾燥肌の正しいケアとは

ストレスによって体が受ける影響にはさまざまなものがありますが、乾燥肌もそのなかのひとつとされています。そしてこの場合、保湿などの肌のだけではなく、ストレスに対するケアも必要になります。

肌が受けるストレスとは

では、乾燥肌を招くストレスには具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ストレスは主に「外的ストレス」「内的ストレス」の2つに分けられます。

肌に対する外的ストレスとは紫外線や空気の乾燥、摩擦などの刺激が挙げられるでしょう。また内的ストレスには疲労や食生活の乱れ、睡眠不足などの不規則な生活、人間関係などの精神的ストレスも含まれます。私たちの肌は外からも内からも絶えず刺激と影響を受けているのです。

引用:スキンケア大学

ストレスが乾燥肌を招く理由とは

ストレスはどのように肌に影響を与え、乾燥肌を招いてしまうのでしょうか。

女性ホルモンの減少

ストレスを受けると、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌が減少します。このエストロゲンは肌を美しく保つために必要なホルモンで、肌のうるおいをサポートする役割も果たしています。エストロゲンが減少することで、肌のうるおいやハリが失われ、乾燥を招いてしまうのです。

引用:スキンケア大学

冷えによる皮膚への負担

ストレスは代謝機能の低下を招きます。これにより体の冷えを引き起こしてしまいます。冷えはターンオーバーの乱れ、水分量の低下につながるので、結果として皮膚を乾燥させてしまいます。

引用:スキンケア大学

肌のバリア機能の低下

ストレスや疲れがたまると、血管が収縮し、肌の温度が下がるため、皮膚のターンオーバーが乱れがちです。すると角質細胞も未成熟なままになり、面積も小さくなります。角質細胞の面積が小さいと肌内部でうるおいを担うセラミドなどの保湿成分を十分につくることができず、肌のバリア機能や保水能力も低くなります。これが皮膚の乾燥とつながってしまうのです。

引用:スキンケア大学

ライフスタイルの見直しでストレスケアを

ストレスが原因によって引き起こされた乾燥肌は、ストレスケアを行うことが大切です。

ストレスを上手に解消することはもちろん、たっぷりの睡眠や規則正しい食事、適度な運動を行うなどして生活習慣を整え、心身ともに健康な状態を目指していきましょう。

引用:スキンケア大学

ストレスが招いた乾燥肌は保湿ケアだけでは改善しません。毎日の生活習慣を振り返り、改善が必要なところは意識して見直していくようにしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >