2017/07/01 20:10

このおりものの色は大丈夫?色の違いで知る、病気の可能性

デリケートな部分なので他人に聞きにくいことのひとつがおりものの色のこと。いつもと違う色のおりものが出て、不安に思ったことはありませんか。そのおりもの、病気の可能性はないのでしょうか?

おりものってなぜ必要?

下着が汚れることで不快に感じることの多いおりものですが、女性の体にはなくてはならない物質。受精を助けたり膣内を清潔に保ったりという役割を担っているんです。

 

おりものの色や形状に、その時の身体の健康状態が反映されることがあります。通常、透明もしくは乳白色であるおりものが他の色で出てきた場合は、何かの病気が潜んでいることも考えられます。

 

引用:スキンケア大学

 

 

具体的にどのような色のおりものが心配なのか見ておきましょう。

クリーム色〜黄色いおりものの色

出てすぐは透明や白っぽいおりものも、分泌後時間がたつことで黄色く変色する場合があるようです。

 

 

正常な状態では、おりものの色は透明か乳白色です。もっとも、実際に出てくる時には膣の粘膜の細胞などさまざまなものが混じります。そのため、多少クリーム色がかっていても正常の範囲内だと言えます。

引用:スキンケア大学

 

あまり心配ないとはいえ、黄色みが強いときは子宮内膜炎や卵管炎、黄緑がかった色の場合は感染症の可能性もあります。特に腹部痛を伴うときは早めに婦人科を受診してくださいね。

黒〜茶色っぽいおりものの色

いつもは透明や白っぽいおりものが、茶色や黒っぽい色で出てきたら驚きますよね。おりものが黒っぽくなるのは、生理後少なくなった出血量が原因のようです。

 

血液は酸化することで、黒や茶色などに変色する特徴があります。

 

生理の終盤では出血量が少量であるため、血液が子宮や膣内に留まる時間が長くなることがあります。また、膣内や子宮内の状態が酸性に近づいているため、血液の色が茶色、もしくは黒色に変色するのです。

引用:スキンケア大学

 

生理が終わってすぐの出血なら問題なさそうですが、月経とは違う理由で出血していることも考えられます。黒っぽいおりものが続くときは婦人科を受診しておくと安心です。

トイレのたびにチェックする習慣を

他人にはなかなか相談しにくい体の不安。特におりものの色は、気をつけていないと見過ごしがちです。ほかに症状がなければ深刻な病気の可能性は少ないようですが、出血が続くときは早めに病院で診てもらいましょう。普段から、トイレのたびにおりものの色をチェックする習慣をつけておくことで、早めに対処できそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >