2017/07/26 20:10

みんなはどうしてる?「乳首の脱毛」を最小リスクでケアするコツ

「乳首の脱毛」は意外とリスクが高い

一度は気になる乳首周辺のムダ毛。自分で処理したことのある方もいるのではないでしょうか。ですが、セルフのムダ毛処理にはリスクがいっぱい。肌や毛穴に負担をかけてしまい、炎症や色素沈着を起こす原因になることもあるんです。

ムダ毛の自己処理にはカミソリ、毛抜き、脱毛クリームなどがありますが、これらの方法は簡単に行える反面、肌や毛穴に負担をかけます。炎症や色素沈着による黒ずみを引き起こす可能性があるため、脱毛の際には細心の注意を払いましょう。

引用:スキンケア大学

乾燥を招くことも。カミソリは安全ガード付きを

ムダ毛処理の際に使う「カミソリ」。鋭い刃を直接当てるだけで、相当な刺激を肌に与えてしまうようです。必ず安全ガードの付いたカミソリを使用し、シェービング用のクリームなどで肌を保護することが大切です。

カミソリの刃によって皮膚の表面が傷つくため、黒ずみやカサつき、炎症といった肌のトラブルを招きやすいです。表皮の角質もはがれてしまうため、乾燥や肌荒れを起こすこともあります。

引用:スキンケア大学

除毛剤はかぶれないかのチェックを念入りに

強い化学薬品が含まれている除毛剤は、肌に与えるダメージも大きいようです。とくに、乳首周辺はとてもデリケートなので、細心の注意が必要になります。まずは他の部分でパッチテストを行い、必ず使用上の注意に従って正しく使用しましょう。

肌の強さには個人差があるため、人によっては正しく使っていても肌自体を溶かして皮膚を傷めたり、かぶれやアレルギーを引き起こす場合があります。

引用:スキンケア大学

毛抜きは乳首のムダ毛処理に向かない

細かい乳首などの毛は、毛抜きを使いたくなりがち。しかし、乳首のようなデリケートな部分に、毛抜きの使用はおすすめできません。なぜなら、毛を抜いた後の毛穴は、雑菌などが入りやすく炎症を起こしてしまうからです。

仕上がりはキレイにですが、無理に抜くことから毛穴から雑菌が入って炎症を起こす場合があります。デリケートな乳頭(乳首)・乳輪部分の脱毛には適していません。

引用:スキンケア大学

どの方法も、お肌を大切に

目につく乳首のムダ毛。ですが、処理したことによって乳首にトラブルが起こってしまっては元も子もありません。まずは、どの方法が自分に適しているかを確認し、肌の調子が悪い場合はしばらく処理することは控えましょう。 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >