2017/12/04 12:10

「カロリーコントロール」が鍵!しつこい皮下脂肪を落とす方法

 

カロリーオーバーはもちろんですが、女性ホルモンの影響により皮下脂肪が増えることもあるようです。女性の皮下脂肪を上手に落とす方法をご紹介します。

エストロゲンが多い時期はローカロリーで

周期によって変化する女性ホルモンのバランスに合わせて、食事内容を見なおしてみませんか?エストロゲンが多い時期は、カロリーオーバーを防ぐため、ローカロリーの食事を意識してみましょう。

男性に比べて女性の体は丸みを帯びているのが特徴です。これは女性ホルモンに含まれている“エストロゲン”が大きく影響していて、エストロゲンは皮下脂肪を蓄えやすくする働きがあります。しかし女性にとってエストロゲンは大敵ではなく、赤ちゃんを育てるために子宮環境を整えたり母乳を出したりなど、女性にとって大きな役割を果たしています。

引用:ヘルスケア大学

低糖質を心がけてカロリーコントロール

男性と比べ、皮下脂肪を蓄えやすい女性が皮下脂肪を落とすためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。

その答えは男性も女性も同じ、カロリーコントロールを意識することです。脂っぽいものや炭水化物、スイーツなどを食べ過ぎていては、皮下脂肪を落とすことはできません。野菜やタンパク質を積極的に摂ることも心がけましょう。

引用:ヘルスケア大学

糖質はもちろん、余ると体内で糖に変換される炭水化物も食べ過ぎに注意しましょう。糖の吸収を穏やかにするため、食物繊維から食べはじめるのもおすすめの方法です。

代謝を上げて脂肪を落としやすく

女性ホルモンの影響により筋肉がつきにくいといわれる女性は、運動を続けるとともに良質な睡眠を取ることも意識したほうがよさそうです。筋肉は代謝をよくし、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

仕事や遊びなどで夜遅くまで起きていると、代謝機能に悪い影響を及ぼすことがわかっています。人の体は、寝ているときに成長ホルモンが分泌し、良質な筋肉がつくられます。筋肉が増えることで基礎代謝も上がりますので、しっかり睡眠をとることが大切です。

また、体の冷えも代謝を下げる原因に。一時的ではありますが体温を上げるためにも、お風呂にしっかり浸かりましょう。

引用:ヘルスケア大学

身体を冷やさない工夫をしましょう

皮下脂肪に影響を及ぼすエストロゲンを意識したカロリーコントロールと、代謝をよくする毎日の運動で皮下脂肪を落としていきましょう。身体を冷やさないよう汗をかいたあとのケアも大切です。温かい食べ物を食べましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >