2017/07/12 20:10

人に聞けない…。デリケートゾーンの脱毛とその後のケア

デリケートゾーンの脱毛方法は、家族や友人でもなかなか聞くことは難しいですよね。また、脱毛の際にカミソリなどを使用するため、注意していないと皮膚を傷めてしまうこともあります。

デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンを放置しておくと陰毛が生えて、恥垢が形成される原因となってしまいます。清潔感を保つためにも、日頃の脱毛をしっかりしましょう。また、初めに脱毛後の形を決めてから処理を行うと、キレイな形に仕上がるといわれています。

まずは、形を決めます。一般的に、上部の幅は人差し指と中指の2本分、高さは恥骨から3〜5cmが、ローライズのショーツからもはみでることがなく、美しい形と言われています。形が決まったら、はさみなどで処理する毛を短くカットしていきます。長いままだと剃りにくかったり毛を巻き込んでしまったりする危険性があるためです。カットが済んだら、毛の流れに沿ってカミソリや電動シェービングなどで形を整えていきます。最後にクリームやローションで保湿をして終了となります。

引用:スキンケア大学

自分でカットしながら全体像を見ることのできないOラインやIラインは、無理に自力でしようとはしないでください。クリニックなどで、デリケートゾーンの脱毛を担当してくれるところもあるので、プロに任せましょう。

カミソリ以外の処理方法は?

カミソリや電動シェーバーなどを利用して処理をするのが一般的ですが、その他にも、家庭でできる処理の仕方があります。それが、脱毛クリームなどを利用した方法です。また、家庭用の脱毛機械の手軽な価格で販売されているので、利用してみてもいいかもしれません。

脱毛クリームやワックス脱毛があります。クリームは痛みもなくお手軽ですが、表面に見えている毛がなくなるだけなので、再生周期は速くなります。ワックスは、剥がすときの痛みは大きいものの、根元から抜いていくので、次に生えてくるまでの時間はクリームよりも長いです。また、最近では家庭用の脱毛器も2万円台ぐらいから販売されており、これを使って自己処理をする方法もあります。

引用:スキンケア大学

無理をせず、クリニックも利用する

脱毛技術が発達してきているとはいえ、自力ですべてを行おうとするのは危険です。色素沈着などを起こすこともあるので、クリニックやサロンも利用して、キレイなアンダーヘアを目指してください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >