2017/10/08 12:10

気になる「おりもの」のにおい。異常に思えるなら早めの対処を!

おりものが続いていると、最初は気にならなかったにおいが気になり始めます。デリケートゾーンや「おりもの」の気になる原因と対策を考えてみましょう。

雑菌によるにおいが原因

においを抑えるためには、原因を知る必要があります。

陰部にはアポクリン腺という汗腺が多く存在し、脂質やたんぱく質などを含む汗を排出しています。また、この汗や溜まった恥垢などが常在菌によって分解されたり、雑菌が繁殖すると、不快な臭いが発生します。

引用:ヘルスケア大学

多くの場合、おりもの自体がにおうのではなく、陰部が不潔になることでにおいが発生しているのです。

おりものは、こうした雑菌が膣内に侵入したり、繁殖するのを抑える自浄作用を持っていますので、膣内または膣内から出てきたばかりのおりものが臭うことは、あまりありません。

引用:ヘルスケア大学

デリケートゾーンの洗いすぎには要注意

体質や体調により個人差があるものの、においが気になるからといって洗いすぎると、逆効果となってしまう場合があります。

清潔にしようとするあまり、刺激の強い石けんでの洗浄やビデを使いすぎると、おりものの自浄作用を妨げ、逆効果になることがあります。

デリケートゾーンは他の部分に比べて酸性が強いため、洗浄力の高いボディソープで洗うのはオススメできません。通常はぬるま湯で洗いますが、石けんを使いたい場合は、デリケートゾーン専用のものを使うのがオススメです。

引用:スキンケア大学

いつもと違うと感じたらドクターに相談も

ストレスや周囲の状況を含め、さまざまな影響を受けることにより、おりものにも影響がでることがあります。症状が悪化する前やリスクが高くなる前に、ドクターに相談してみるのも一つの手です。

もし、少しでも「異常かも?」と感じたら、早めに婦人科でドクターの診察を受けましょう。治療は早い方が完治する確率も高いですし、何より自分にとって大きな安心になります。

引用:スキンケア大学

おりものは健康状態を知るためのサイン

class="anchor">不快感があったり、おりもののにおいが気になったとしても、それはおかしなことではありません。むしろ、月経周期が近いことを知らせたり、身体の異変を察知したりするサインとして考えましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >