2017/11/05 12:10

肌をコーティングしてくれる保湿剤!ワセリンのメリットと使い方

ワセリンは保湿効果が期待できることでよく知られています。ここでは、保湿剤としてのワセリンのメリットや使い方などについてご紹介します。

肌の水分が蒸発しないように守ってくれる

ワセリンは、乾燥がひどくなって肌が敏感になっている場合におすすめの保湿剤です。

ワセリンには、皮膚をしっかりとコーティングして、水分が蒸発しないように守ってくれる効果があります。副作用が極めて少ない安全な成分であることから、お肌に不必要な刺激を与えることもありません。

引用:スキンケア大学

保湿剤としてのワセリンのメリットと種類

皮膚の表面に留まってくれますので、まぶたのようなデリケートな部分にも使えるというのがメリットです。

引用:スキンケア大学

保湿剤として使われているワセリンには、「白色ワセリン」「プロぺト」「サンホワイト」の3種類があります。保湿効果の差はほぼありませんが、それぞれ純度が違い、部位によって使い分けます。

ワセリン単独での利用が望ましいのは、乾燥が進行しすぎて非常に敏感になってしまっている場合です。ほかの種類の化粧水やクリームは添加物が入っていることが多いので、プロペトやサンホワイトを使って徹底的に保湿をすることが効果的です。

引用:スキンケア大学

ワセリンの上手な使い方を知っておこう

ワセリンは気軽に使える保湿剤ですが、その使い方には注意点もあります。そのひとつには、ベタつきがあるということがあげられます。ですから、ベタつくと困る部分には使用しないことが大切です。

 

ワセリンはあくまでも皮膚表面に油分の膜を張り、角質層の水分蒸発を防ぐに過ぎません。角質層自体の水分保持力を取り戻す効果はありませんので、ワセリンでは乾燥肌の改善は望めません。一時的な対処法だという点を理解した上で使うようにしましょう。

引用:スキンケア大学

乾燥肌に悩んでいて、それを改善したいと思っている人には、ワセリンだけでは十分な対策はとれません。その点にも留意して使っていきましょう。

保湿剤としてのワセリンの限界

ワセリンにはデリケートな部分にも使用できるというメリットがあります。ただし、保湿剤としては肌の奥まで浸透するような効果は期待できません。その特質を知ったうえで上手な使い方をしていきましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン