2017/07/21 20:10

赤ら顔の原因は冷え?乾燥?原因と対処法

赤ら顔の原因に乾燥も?

赤ら顔だと、何となく恥ずかしく感じる人もいるようです。その原因はさまざまですが、中には肌の乾燥が関係していることもあるようです。

また、皮膚(=角質層)が薄くなると、それまで保持していた水分が失われ、乾燥肌になります。乾燥も刺激の原因となるので、やはり肌に炎症を引き起こし、頬の赤みの原因となります。

引用:スキンケア大学

火照りがある場合は「酒さ」に注意!

もし、赤ら顔に加えて火照りがある場合は、「酒さ」と呼ばれる「酒さ様皮膚炎」の可能性があります。この可能性が考えられる場合は、ドクターの診察を受けてみることをおすすめします。

酒さ様皮膚炎とはアトピー性皮膚炎と似た症状のひとつで、顔にほてりや赤みが生じて赤ら顔になる皮膚の病気です。特に20代〜50代の女性に多くみられます。

引用:ヘルスケア大学

身体の冷え対策も大切

赤ら顔になるのは、皮膚が薄くなっていることも大きな原因といわれています。そこで、薄い皮膚を正常な状態にするためには、まず、角質層の状態を正常にしていくことが大切です。

角質細胞を健康に育てるためには、以下の点に注意した生活を心がけることが大切です。

・刺激の少ない、保湿力のある石鹸やスキンケア製品(クリーム)を使う

・炎症がひどい時には化粧を控えめにし、落とす際はクレンジングオイルを使わない

・洗顔をする際は、手やスポンジなどで肌をこすらない

・紫外線対策をする

・服装などでこまめに体温調節する(温熱、寒冷対策)

・血管を保護するビタミンCを多く摂る

引用:スキンケア大学

赤ら顔にはさまざまな要因がある

赤ら顔といっても、その原因はさまざまです。そして、火照りや冷え、肌の乾燥などの症状をともなうことがあります。ですから、どうしても治らない場合は、ドクターの診察を受けましょう。ほかの病気が潜んでいる可能性もあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >