2017/11/06 12:10

30代は肌の変わり目!アラサースキンケアで年齢に負けない肌を

30代は、肌の見た目にハリやうるおいが減っていくだけでなく、肌トラブルなども増えがちな年齢です。アラサーの肌は、どのようにしてケアすればよいのか、そのポイントをお伝えします。

肌に合った洗顔料を選ぼう

30代は、仕事や子育てなどで何かと時間を取られがち。そのため、洗顔も簡単に済ませてしまう方もいるでしょう。しかし、洗顔はきちんとした方が、肌のためにはよいといわれています。

洗顔の際に余計な皮脂や油分を残さず落とし切っておくほうが、後で使う化粧水やクリームなどの浸透を妨げません。30代になり乾燥が気になってくると皮脂を取り過ぎないようマイルドな洗顔料を選びがちですが、洗顔の本来の目的である汚れや余計な皮脂をしっかりと洗い流すことを優先したほうが、肌には良い影響があります。

引用:スキンケア大学

また、30代の素肌だと、まだ皮脂分泌力はそれほど衰えていないので必要以上に心配することはないようです。

汚れや不要な皮脂をしっかりと落とす、という目的からすれば潤いを残す洗顔料よりも、シンプルな固形石鹸がオススメです。他のタイプでもお肌に余計な皮脂を残さないよう、きちんと洗いあげられるものを選びましょう。

引用:スキンケア大学

美容液で必要なものを補給しよう

20代の頃に比べて水分量やコラーゲン量などが何かと減少しがちな30代。美容液は、このように減ってしまった成分を補給してくれる優れたアイテムです。肌の悩みに合わせて、適切な美容液を使いましょう。

様々な肌悩みの元凶、お肌の乾燥を改善したいならば保湿美容液を選びましょう。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿に効果的な成分に注目してください。

引用:スキンケア大学

抗酸化力に優れたスーパー成分であるビタミンC誘導体やアルブチンは、メラニン色素の生成を抑制します。その他に、紫外線を浴びた直後に「メラニン色素を作れ」という指令を阻害する働きをするカモミラETやトラネキサム酸なども注目の成分です。

引用:スキンケア大学

また、メラニン色素を作る働きのあるチロシナーゼという酵素を減らす「リノール酸」などもあります。

ほうれい線や目尻などシワが気になるという場合は、肌内部(真皮)のコラーゲンを増やす働きをするレチノールや肌の新陳代謝を活性化させるナイアシン、抗酸化力のあるポリフェノールが配合されている美容液がオススメです。

引用:スキンケア大学

ときには使い分けも大事

何を使うにせよ、30代になってからのスキンケアは、自身の肌をよく知ることから始まります。時には朝と夜の肌状態をチェックし、成分の違う美容液などを使い分けてもよいでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >