2017/07/20 20:10

食べて予防!?「白髪」に関係するさまざまな栄養素

白髪予防として有効とされている栄養素は、ヨード、チロシン、銅などがあります。それぞれがどのような役割を持っているのかをここでご紹介します。

メラニンを作るメラノサイトとチロシナーゼ

白髪予防のために、まず、髪の毛の色がどのようなメカニズムで作りだされているのかを知っておきましょう。

髪の毛の色はメラニン色素によってもたらされていますが、このメラニン色素を作り出す細胞・メラノサイトがメラニン色素を作るためには、様々な栄養素が必要です。

また、メラノサイトがメラニンを作り出す際には、チロシナーゼという酵素が必須ですが、このチロシナーゼを活性化するのにも、欠かすことのできない栄養素があることを理解しておきましょう。

引用:スキンケア大学

健康的な髪に必要なヨード

ワカメやコンブなどの海藻類が髪によいとされている理由は、ヨードを多く含んでいるためです。

ヨードには細胞の成長や代謝を促進する作用があるため、髪の毛を健康な状態に保ち、メラノサイトの働きを活発にしてくれます。

引用:スキンケア大学

ヨードを多く含む食品

・海藻類

コンブ、ヒジキ、ワカメ、海苔など。

・魚介類

イワシ、サバ、カツオ、ブリなど。

引用:スキンケア大学

メラニン色素を作るチロシン

他の栄養素がどれだけ整っていても、原料がなければキレイな髪の毛は作り出せません。そのような意味では、メラニン色素のもとになるチロシンは、白髪予防に重要な栄養素と言えるでしょう。

チロシンはメラニン色素の原料のひとつです。これが不足していると、どれほどメラノサイトが働こうとも髪の毛に色をつけることはできません。また、抗ストレス作用もありますので、白髪の予防にも繋がります。

引用:スキンケア大学

チロシンが多く含まれている食品。

・乳製品

脱脂粉乳、ナチュラルチーズ、プロセスチーズなどのチーズ類

・果物

バナナ、アボカド、リンゴ

・魚介類

かつお、まぐろ、たらこ、ちりめんじゃこ、ひらめ、うるめいわしなど

・大豆・ナッツ類

アーモンド、大豆、落花生、豆腐など。

引用:スキンケア大学

自分で作ることのできない銅

チロシナーゼを活発にさせるといわれている「銅」は、体内で作ることができないということを知っておきましょう。

銅はチロシナーゼの働きを活発にさせるミネラルです。体内で自分で作ることができない成分なので、食事を通じて外部からとり入れるよう心がけることが大切です。

引用:スキンケア大学

銅が多く含まれている食品

・豆類

大豆、納豆、カシューナッツなど。

・野菜類

ごぼう、ニンニク、パセリ、モロヘイヤ、カンピョウなど。

・穀類

そば、サツマイモ、玄米など。

・魚介類

ホタルイカ、エビ、カニなど。

・果実類

アンズ、プルーンなど。

引用:スキンケア大学

さまざまな原因で白髪になる

白髪の直接的原因は、髪の毛のメラニン色素の不足だといわれています。必要な栄養素を補うことで、白髪予防を目指しましょう。食べ物に気をつけるだけでなく、老化や遺伝、ストレスでメラニン色素が不足するなど、さまざまな間接的な要因にも注意しておく必要があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >