2017/10/15 12:10

水虫を治すのにお酢に効果があるって本当?

皮膚のはがれや水ぶくれ、強いかゆみや赤みといった水虫の症状に悩まされる人は少なくありません。水虫の原因となる白癬(はくせん)菌は、人間の身体や動物など、さまざまな場所に常在している菌です。その白癬菌を殺菌したり抑制したりするといわれている、酢を用いた方法には、本当に効果があるのか見てみましょう。

水虫とは

水虫は、白癬菌という真菌に感染することで発症する皮膚の病気です。真菌とは、人間の身体に常にあるといわれる菌のことで、乾燥していて清潔な皮膚であれば感染の可能性はないと考えられています。しかし、靴を長時間履いているなど、高温多湿の状況下にあると白癬菌が活発になって水虫に感染してしまうこともあります。

酢を用いた水虫ケアの方法

酢には殺菌作用があるといわれています。そのため、酢を用いて白癬菌を殺菌したり、活動を抑制したりすることで水虫を治せると、インターネットなどで紹介されていることがあります。

希釈した酢液を用いた方法

5〜10倍に薄めた酢を、40度程度の温度にし、容器やビニール袋に入れて、中に患部を浸けるという方法や、スプレー容器に入れて噴霧する方法があげられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >