2017/10/17 12:10

水虫の初期症状と治療のための心構え

水虫になってしまうと多くの場合、強いかゆみなどのつらい症状に悩まされてしまいます。そのような症状に悩まされないためにも水虫を早期発見して早急に治療していきましょう。そのために必要な知識などを詳しくお伝えします。

水虫とは

カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が皮膚の表面に感染する皮膚病です。白癬菌自体は目に見える物ではありません。一口に水虫といっても、さまざまな症状があり、症状によって対処法も違ってきます。

水虫の原因

白癬菌が人間の皮膚につくと、すぐに感染してしまい水虫となるわけではありません。白癬菌がついた足などをよく洗わないでいると小さな角質の傷から菌が入り込んで感染してしまいます。白癬菌は、カビの一種のため、高温多湿の環境下で繁殖していきます。そのため、長い時間、同じ靴を履いて温度や湿度を上げた状態にしていると白癬菌の増殖を促してしまいます。また、皮膚に汗や皮脂が残っていると皮膚はアルカリ性となります。白癬菌はアルカリ性の環境を好むため、清潔にしていない皮膚は水虫を発症しやすくなるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >