2017/10/19 12:10

水虫(足白癬)の症状と水虫に似た症状をもつ病気

最近では、若い女性の患者が急増しているといわれている水虫ですが、種類は1つではなく、多くの種類があることがわかってきています。水虫と似た症状を示す皮膚病もあるため、水虫の種類と症状を知っておくことが大切です。

水虫(足白癬)の症状には何があるか

水虫は、足に発症することが多いのですが、「趾間型(しかんがた)」、「小水疱型(しょうすいほうがた)」、「角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)」とそれぞれ発生する部位によって主に3種類に分けられます。

趾間型(しかんがた)

湿気がたまりやすい足の指と指の間に発生する水虫です。足の指がムズムズ、じゅくじゅくとした症状で気づくことが多いといわれています。足の中でも薬指と小指の間にできることがほとんどです。皮がむけてしまいカサカサになる乾燥型と、皮膚がじゅくじゅくとして赤く腫れ、ふやけてしまう湿潤型の2種類に分けられます。どちらもかゆみの症状が出ますが、湿潤型の方がよりかゆみが出やすいといわれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >