2017/07/21 20:10

肌荒れには保湿が大切!新陳代謝を高めてうるおいのある肌へ

肌が荒れているときの皮膚はどのような状態になっているのでしょうか。肌の新陳代謝と保湿の関係、そして生活習慣の見直しの必要性についてご紹介します。

肌荒れの原因は新陳代謝の乱れ

肌の新陳代謝が乱れると正常な皮膚が作られず、外部からの刺激に対する抵抗力が弱まるといわれています。

皮膚は新陳代謝をくり返し、古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わります。しかし、新陳代謝が正常に行われないと、古い角質層が皮膚の表面上に残ってしまったり、不完全な角質層を形成することになります。保湿力が弱まり、皮膚のバリア機能も低下するため、紫外線や乾燥といった外部の刺激から守れません。こうして肌荒れが引き起こされるというわけです。

引用:スキンケア大学

ケアのしすぎが肌荒れを招く?

肌の新陳代謝(ターンオーバー)の周期はある程度決まっています。スキンケアをしているつもりなのに肌荒れしてしまうときは、ケアのしすぎかもしれません。洗いすぎに注意して、保湿を意識して行ってみるとよいでしょう。

逆に顔を洗いすぎたり、角質ケアばかりしているとターンオーバーが早まってしまいます。ターンオーバーが早く乱れた肌は、核を持ったまま(不全角化)表面に押し上げられた状態となり、未熟な細胞のまま表面に上がりゴワゴワしている状態ですので、水分を保持することが難しく乾燥したりします。ワセリンやクリームで表面を滑らかにし、丁寧に保湿と保護をして洗いすぎないようにすると正常化につながります。

引用:スキンケア大学

生活習慣を整えて肌荒れ予防

肌は睡眠をしっかりとることで正常な新陳代謝が行われるといわれています。睡眠時間を十分にとると同時に、カフェインやお酒を控え、睡眠の質を高めましょう。

肌は寝ている間に再生されます。最低でも1日6時間以上は眠るようにしましょう。就寝後の約3時間に肌の細胞分裂が活発に行われます。この時間に質のよい睡眠をとることが大切です。

引用:スキンケア大学

肌荒れには新陳代謝を高めて保湿を!

肌が荒れている状態というのは新陳代謝が乱れ、保湿機能が低下しているといわれています。スキンケアは刺激の少ないシンプルなものとし、洗いすぎに注意しましょう。また、栄養バランスのとれた食事や質のよい睡眠で、肌の新陳代謝を高めることが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >