2018/01/11 12:10

どのタイミングがベスト?「日焼け止め」の効果を最大限に引き出す順番

     

日焼け止めを使うのであれば、もっとも効果が期待できる順番で塗りたいと考える方は少なくないでしょう。実際日焼け止めはどのタイミングで塗ればよいのでしょうか。

もっとも日焼け止めの効果が期待できる順番とは

美白・美肌でいたい女性にとって、日焼け止めは必須アイテムですね。しっかり紫外線を予防するためには、どのような順番で日焼け止めを塗ったときでしょう。

女性の場合、普段はメイクをする前のスキンケアの後、つまり化粧水や乳液のあとに日焼け止めを塗り、化粧下地で色補正は行い、その後いつも通りメークを行うという順番です。日焼け止めは白っぽい色をしているものも多いので、そのあと下地で色補正をすることで違和感ないメイクができるというわけですね。

引用:スキンケア大学

山や海などに出かけたときは、紫外線を効果的に防ぐために、日焼け止めをメイクの上からこまめに塗り直すことが大切といわれています。

簿肌を保つ「スキンケアの正しい順番」

では、日焼け止めを塗る前の、スキンケアはどのような順番で行えばよいのでしょう。

洗顔後の素肌には、(1)化粧水(2)美容液(3)乳液(4)クリームが鉄則。基本的なことですが、スキンケアには、この順番を守ることがとても大切です。

基礎化粧品を一つのメーカーで揃えることを「ライン使い」と呼んだりします。こだわっている方もいるかもしれませんが、バラバラでも全然問題ありません。

引用:スキンケア大学

基礎化粧品には、それぞれ期待できる効果は異なりますので、正しい順番で使用しなければ、肌トラブルを起こすおそれがあるといわれています。

ベースメイクも順序が大事!

スキンケアが終われば、次はメイクです。日焼け止めもそうですが、正しいベースメイクの順番を知り、いつでも美肌を目指しましょう。

基本的なベースメークの流れ

日焼け止め

化粧下地

コンシーラー・コントロールカラー

ファンデーション

日焼け止めを使わない場合は、化粧下地から入ります。ここ数年で、紫外線カットができるファンデーションも出ていますが、しっかり紫外線を防ぐには、日焼け止めを使いましょう。次の化粧下地はメークの持ちを良くしてくれます。日焼け止めを塗るので化粧下地は使わないという方もいますし、最近は日焼け止めと化粧下地が一緒になった化粧品もあります。しかし、分けて使うときは日焼け止め→化粧下地の順になります。

引用:スキンケア大学

効果が期待できる順番を守ることが大切

日焼け止めだけではなく、基礎化粧品やベースメイクも正しい順番で使うことが大切と考えられています。基礎化粧品の順番が違うと肌トラブルを招きかねませんし、間違った順番でベースメイクを行えば、化粧崩れの原因になるといわれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >