2017/07/26 20:10

美髪にも欠かせない!?「ビタミンC」は縁の下の力持ちなんです

美容に欠かせないといわれている栄養のひとつ「ビタミンC」は、肌だけでなく髪の毛でも重要な役割とになっていると考えられています。

髪の毛にもビタミンが必要?

髪の毛に必要な栄養といわれると「タンパク質」を思い浮かべる人が多いといわれています。たしかに、髪の毛を形成している99%がタンパク質といわれるほど重要な成分のひとつと考えられています。

約18種類ものアミノ酸が結合して作られたケラチンというタンパク質です。これが不足すると髪の毛が細くなることがあります。

引用:スキンケア大学

ただ、タンパク質だけでは美髪につながらないと考えられています。

黒々した艶やコシのある髪の毛を作るには、タンパク質やビタミン、亜鉛、鉄などの摂取がとても重要です。

引用:スキンケア大学

亜鉛には、タンパク質を髪の毛に変える働きがあります。ただし、亜鉛は単体だと体内への吸収が悪いため、吸収をよくするためにクエン酸、ビタミンCも一緒に摂ることをおすすめします。

引用:スキンケア大学

また、髪の毛にしっかりと栄養を運び、しっかりと吸収することが大切といわれています。

鉄分の吸収を助ける働きのあるビタミンCと一緒に摂るようにしましょう。

引用:スキンケア大学

つまり、美髪を目指すのであれば、タンパク質を効率よく髪の毛に変化させ、しっかりと吸収することが重要なのです。このことから、さまざまな栄養の吸収をサポートをするビタミンCを一緒に摂取することが大切だといわれています。

ビタミンCが豊富な食材と摂取時の注意点

ビタミンCから連想される食材では「レモン」が有名ですが、他にもさまざまな食材に含まれています。

例えば野菜なら100gあたりでほうれん草約60mg、ブロッコリー約120mg、ピーマン約75mgのビタミンCを摂ることができます。果物なら、いちご約60mg、キウイフルーツ約70mg、レモン約100mgです。

引用:スキンケア大学

髪の毛だけでなく、肌にもよいとされていることから積極的に摂取する人も多いビタミンCですが、サプリメントなどから過剰にとり過ぎることで、体調に変化をもたらすことがあるといわれています。

しかし、サプリメントやビタミン剤などを服用して1度に3000〜4000mgの大量のビタミンCを摂る場合には、一時的に下痢やお腹がゆるくなる症状が出ることがありますので、できるだけ果物や野菜などの食物から摂るよう意識していきましょう。

引用:スキンケア大学

どれくらいの量であれば問題ないのか疑問に思う方は、厚生労働省が推奨している量を目安にするとよいでしょう。

1日のビタミンC摂取量の目安は、厚生労働省より推奨されている「栄養素等表示基準値」によると、18歳から29歳の女性の場合100mgが食事摂取基準となっています。

引用:スキンケア大学

バランスのよい食事で美髪を目指そう

ビタミンCは、髪に必要な栄養の吸収をサポートする役割に優れていると考えられています。ビタミンCだけを積極的に摂取するだけではなく、美髪のために必要な栄養を一緒に摂取することを心がけましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >