2017/06/26 20:10

シミのできやすい人がいる?シミができやすい人の対処法を解説

老若男女問わず、誰もが気になるシミ。世の中にはシミができやすい人とそうでない人がいるようです。それでは、シミができやすい人はどのように対処すればいいのでしょうか。■シミができやすいタイプは? 

シミができやすいタイプはどのような人でしょうか。

体質

肌の色が白い人は、紫外線から肌を守るためのメラニンが作られやすいのでシミができやすくなります。また、乾燥肌や血行が悪い場合は肌の健康が保ちにくく、ターンオーバーのサイクルも乱れがちになってしまいます。そうなると、古い角質がなかなかはがれ落ちず溜まってしまい、シミができやすくなります。

引用:ヘルスケア大学

習慣

外出が多い人や、スポーツや仕事などで外にいる時間が長い人、睡眠不足、高脂肪や糖分の多い食事の摂りすぎも、シミのできやすさにつながるといわれています。

引用:ヘルスケア大学

生活習慣もシミと密接な関係にあることがわかります。

シミができやすい人は食事に注意 

シミの発生を少しでも抑えるために、食事の際に以下のような食材が良いとされています。

食事では、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンをはじめ、ポリフェノールなどを含む抗酸化作用のあるものがおすすめです。ビタミンEは血行を促すので皮膚の血流がよくなり、皮膚をよい状態へと導きます。ビタミンCの摂取にはブロッコリーやピーマン、パプリカなどがおすすめです。ポリフェノールはナスや緑茶に多く含まれます。

これらの栄養は食事から摂るのが一番ですが、できない時はサプリメントで補充する方法もあります

引用:ヘルスケア大学

食生活を見直すのも重要です。

シミの気にしすぎにも要注意 

スキンケアでは、以下のような行動は逆効果になりますので注意が必要です。

ピーリングでこすりすぎたり、普段の洗顔でタオルをごしごしこするように顔を拭く人には「摩擦黒皮症」というシミができやすくなります。また、衣服や下着のこすれや締め付けも関係するといわれています。こすれや締め付けにより細胞がダメージを受けてメラニンが蓄積し、皮膚の少し深いところでメラニンを取り込む細胞が留まってしまい、シミが定着してしまうのです。

このシミへの対策としては、まず肌をこすり過ぎないこと。そして紫外線対策もしっかり行うことが大切です。クリニックではハイドロキノンなどの外用薬や、レーザー治療やIPLという治療法を行うことがあります。

引用:ヘルスケア大学

やはり普段の生活習慣が大切です。

普段の生活習慣やスキンケアからシミを防ぐ

このように、シミと生活習慣は密接な関係があります。シミが気になる方は生活習慣を見直してみましょう。意外な解決法が見つかるかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >