2017/12/07 12:10

糖質制限ダイエットしても痩せない理由!NGとなる行動とは?

糖質制限ダイエットをしても、なぜか痩せないという人もいるかもしれません。実は、糖質制限ダイエットには、NGとなる行動があります。知らないで間違った方法でやっていないか、ぜひチェックしてみましょう。

糖質制限ダイエットとは

そもそも、糖質制限ダイエットとはどのようなものなのでしょうか?その点をしっかり理解しておかないと、間違った方法で行うことになりかねません。NG行動を防ぐためにもまず、糖質制限ダイエットの方法について改めて確認しておきましょう。

糖質制限ダイエットの基本とは、血糖値を上げる原因となる糖質を控えることにより、脂肪を溜め込む作用のあるインスリンが過剰に分泌されるのを防ぐことです。

糖質を控えるということは、お米、パン、麺類などの米・麦製品や、ジャガイモ、サツマイモなどのイモ類など、主食となる炭水化物を制限することになります。もちろん、甘いお菓子や、砂糖の入った飲み物、おせんべいやおかきも控えます。

引用:ヘルスケア大学

糖質さえ気をつけていれば、お肉や揚げ物も食べてよく、お酒も、焼酎やウィスキーといった蒸留酒や糖質ゼロの発泡酒ならば飲んでもよいとされています。

引用:ヘルスケア大学

糖質制限ダイエットでのNG行動

糖質制限ダイエットのメリットは、食事制限ダイエットにありがちな面倒なカロリー計算が必要ない点です。また、比較的減量効果が早く出るともいわれています。では、この糖質制限ダイエットで気をつけるべきNG行動とはどのようなものなのでしょうか?

ヘルシーなイメージの春雨も、原料はイモや豆のデンプンです。うどんや蕎麦よりも糖質が多いため、糖質制限ダイエットには不向きです。さらに小麦で作られたカレー・シチューのルーや、とろみをつけるために使われている片栗粉、ケチャップや甘いお味噌、みりんなどの調味料など、いかにも炭水化物といった形をしていないものにも、糖質は意外にたくさん含まれています。知識をつけて、「糖質制限しているつもり」にならないようにしておきましょう。

引用:ヘルスケア大学

リバウンドを防ぐための心得

せっかく頑張ってダイエットしても、その後リバウンドしてしまっては結局痩せないまま終わってしまいます。糖質制限ダイエットをきちんと成功させるためにも、痩せた状態をずっとキープできるように努力したいものです。

リバウンドなく健康的に糖質制限ダイエットを行うには、夕食の主食はカットする、お菓子やジュースは避ける、バランスよい食事を心がけながら糖質は控えめにするなどの、ゆるめの糖質オフがおすすめです。

引用:ヘルスケア大学

痩せないのには理由がある

糖質制限しているつもりでも思わぬ盲点があり、知らない間にNGとなる行動をとっていることがあるかもしれません。せっかく努力しているのに痩せないと感じている人はNG行動をとっていないか一度確認してみましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >