2017/10/11 12:10

チクチクにさよなら!アンダーヘアの処理にヒートカッターススメ

アンダーヘアの処理法はさまざまありますが、実は間違ってしまうと逆にチクチクを引き起こす原因になってしまいます。毛をキレイな状態で残すなら、「ヒートカッター」を使用することがおすすめなのです。

チクチクする原因

アンダーヘアをカットするとき、使う器具はさまざまです。実は、はさみやカッターなどの刃物でカットすると、毛の断面が尖ってしまい、下着や肌にチクチク刺さってしまうのです。アンダーヘアの残す毛を大切にしたいなら、毛の断面を丸くなめらかにしてくれるカッターを選ぶ必要がありそうです。

はさみで切る方法は、とても手軽でコストをかけずに処理できます。思い立った時に素早く処理できるのが最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、毛先が鋭角にカットされてしまうため、下着や水着の繊維から毛が突き出てしまったり、毛先がお肌を刺激してチクチクすることがあります。

引用:スキンケア大学

「ヒートカッター」のススメ

ヒートカッターは、機器の先端部分に熱線が通っていて、それを毛に当てることでカットすることができます。焼き切る形になるので、毛先は丸くなり、処理したあとのチクチクした違和感はほとんどないのがメリットです。ただし、慣れないと火傷を起こしやすいので、使用する際には十分な注意が必要になります。

ヒートカッターは色々なメーカーから発売されていますが、一般的に最も多いのは先端がコーム型になっており、その部分に熱線が通っているものです。この熱線に毛を押し付けることにより、ヘアを焼き切って長さを整えます。

毛を焼き切ると、ハサミのように毛先が尖った状態ではなく丸くなるため、下着や水着を突き抜けにくくなります。また、毛先がお肌に触れた時のチクチク感も和らぎます。

引用:スキンケア大学

少しずつがポイント

ヒートカッターでアンダーヘアの処理を行うとき、ポイントとなるのが「少しずつ」カットしていくこと。まとめて処理しようとすると、熱が十分に伝わりきらず、失敗してしまう可能性があります。時間はかかりますが、毛束を少しずつとって熱をしっかり当てていけるようにしましょう。

少しずつカット:カットしたい毛先を少量つまみ、熱線の通っているトリマーのコーム部分に通してカットします。

処理後の確認:処理が完了したら、きちんと全て処理されているかを確認します。水着になる場合は、着用する水着を着て確認しましょう。その際、実際に動いてもはみ出てくる毛がないのかまでチェックしておくことが重要です。

引用:スキンケア大学

下着を着て仕上がりチェックを

アンダーヘアを処理したあとは、はみ出している毛やチクチクしている部分はないかなどのチェックをしておきましょう。また、お風呂上がりに定期的に下着を着た姿をチェックし、アンダーヘアのメンテナンスに気を配りましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >