2017/07/10 20:10

いつも汗ばんでいて恥ずかしい…手汗・足汗を治す方法とは

多汗症の中には、手だけ突出して汗をかく手汗と、足の裏に汗をかく足汗があります。症状が重いと手で触った紙が濡れて破れるほどの多汗症は、なぜなるのでしょうか?原因と治療方法をご紹介します。

いつでも汗ばんでいる手汗と足汗

気温の上昇や緊張で汗ばむことはよくあることですが、いつも汗ばんでいるのは多汗症という病気の可能性があります。日常生活に支障をきたすほどの発汗量がある場合は、、治療を受けることが可能です。。

多汗症の発汗量は人それぞれで、常に汗は出ていても、症状は軽くて汗ばむ程度という方もいます。しかし、重症になると、手掌多汗症の場合はノートやプリントなどが濡れて破れたり、手を動かしたときに汗が飛び散ることがあります。足蹠多汗症の場合は、靴の中に溜まった汗が靴の表面や靴底から染み出すこともあるようです。また、足蹠多汗症だと汗ばむ程度でも足が蒸れやすいので、雑菌が繁殖して嫌なにおいがしたり、水虫になることも少なくありません。いずれにしても、手足に多汗症の症状があると、日常生活を送るうえでさまざまな支障が出てしまいます。

引用:ヘルスケア大学

多汗症は交感神経のなせるわざ?

多汗症は緊張や興奮により交感神経が刺激され、精神性発汗が起こって手のひらや足の裏に汗をかいてしまうという原因が考えられます。発汗したことが恥ずかしいと思うと緊張がさらに高まって悪化するので、気にすると悪循環に陥ってしまいます。

汗は、主に体内にこもった熱を発散して体温を下げるために分泌されます。それとは別に、緊張や興奮により交感神経が刺激されることで起こる「精神性発汗」もあります。この症状は手のひらや足の裏に出やすいという特徴があるため、手足の多汗症は精神性発汗による汗が多いといわれています。

引用:ヘルスケア大学

治療で抑えられる多汗症

そうはいっても緊張しやすい人にとって、コントロールはなかなか難しいのではないでしょうか。そのような時は市販の制汗剤にも使われている、塩化アルミニウム外用制汗剤を使うなどの治療を考えてみましょう。皮膚に塗ることで一時的に汗を抑えてくれるので、緊張をやわらげる効果もありそうです。

イオントフォレーシス

水を入れた専用の機器に手のひらや足の裏を浸し、そこに微弱な電流を20分ほど流すという治療法です。定期的に行うことで汗腺にダメージを与え、汗を出にくくする効果があります。

引用:ヘルスケア大学

ボツリヌス注射

発汗は、交感神経の末端から放出される「アセチルコリン」という神経伝達物質により、汗腺が刺激されることで促されます。汗が出やすい部分にボツリヌス注射を打つと、このアセチルコリンの放出が阻害されるため、汗を減らすことができます。1回の注射による効果は、約半年間持続するとされています。

引用:ヘルスケア大学

リラックスすることで発生を防ぐ

多汗症の原因は主に発汗をコントロールする交感神経の過敏によるものと考えられていますが、はっきりとは解明されていません。手汗、足汗は、恥ずかしいと思う気持ちがいっそうの緊張を招いて悪化することもあるようなので、リラックスできるよう、気持ちの切り替えも大切でしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >