2018/01/03 12:10

もう絶対に作らせない。日焼けによるシミを残さないためのケア

海や山に行かなくても、日常生活でもしてしまうのが日焼け。その後シミを作らないためにも、どのようにして日焼けしてしまうかを知り、お手入れ方法も確認しておきませんか?

赤くなるサンバーンと黒くなるサンタン

日焼けを引き起こすのは紫外線だということは知られていますが、紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。UVBによって引き起こる日焼けは皮膚が赤くなる「サンバーン」、UVAによるものは皮膚が黒くなる「サンタン」と呼ばれており、シミの原因になるのは「サンタン」の方だといわれています。

肌が黒くなる「サンタン」の症状

紫外線を浴びて1週間ほどすると、紫外線の影響を受けた皮膚が黒く変色し、しばらくするとそのまま表皮がめくれてくることを「サンタン」と言います。こちらも身体が熱を帯び、痛みをともなうことがありますがサンバーンに比べ、程度の軽い日焼けと言えます。

引用:スキンケア大学

メラニンが生成されシミが発生

皮膚が黒くなるサンタンがシミの原因となるのは、UVAの波長が長く、角質層まで届く紫外線のため。UVAから細胞を守ろうとしてメラノサイトが反応することで、メラニンが生成されてしまい、シミができるというわけです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >