2017/12/07 12:10

うるおった肌をキープ!肌の水分量を上げるスキンケアの方法

       

肌の水分量を上げ、肌のうるおいを保つためには、皮脂、天然保湿成分、細胞間脂質のこの3つの状態を正常に保つことが大切です。

うるおい肌のカギは「セラミド」にあり

肌の水分量を上げるには、水分が蒸発しにくい肌作りが大切です。そのためには、うるおい肌を保つ役割を果たしている「皮脂」「天然保湿因子(NMF)」「細胞間脂質」の3つを正常な状態に保ち、その中に水分を蓄えられるようにしなければなりません。

最も保湿に効果があると言われるのは、

細胞間脂質の主成分であるセラミドを補給すること。角質層の水分の約80%は細胞間脂質に含まれていて、その主成分であるセラミドは約40%を占めています。つまりセラミドの補給は水分量アップにとても効果的なのです。

引用:スキンケア大学

肌の水分量を上げるスキンケアの方法

うるおい肌を作るために、以下のようなケアを試してみましょう。

しっかり洗顔をする

基本として、しっかり顔を洗うことが肝心です。ただし洗い過ぎには気をつけましょう。

肌の上に油性の汚れが残っていると酸化して肌にダメージを与える上、水分も浸透しにくくなります。夜はもちろん朝も洗顔はきっちり行い、余分な汚れを落としましょう。

引用:スキンケア大学

化粧水はコットンでつける

化粧水を手で付けるとムラになりやすく、肌のすみずみまで水分を行き渡らせることが難しくなるといいます。この手間が肌のうるおいにつながるのです。

コットンは含んだ水分をそのまま肌に跳ね返して吸収させるという特性があるため、美容成分が肌に吸収されやすいのです。

引用:スキンケア大学

フェイスマッサージをする

マッサージで血行を促進することで、水分が浸透しやすくなります。

マッサージによって血行が促進されると、美容成分や水分も入りやすくなるため、肌に浸透しやすくなります。強くこすると逆効果ですから、マッサージ用のクリームなどを使用しながら優しく行ないましょう。

引用:スキンケア大学

十分な睡眠

しっかり睡眠をとり、肌の再生を促しましょう。

睡眠不足はターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れる原因のひとつです。ターンオーバーと水分量は密接な関係があり、睡眠が不足すると水分量も減ってしまうのです。

引用:スキンケア大学

バランスの摂れた食事と水分補給を

外からだけのアプローチではなく、体の中からもキレイな肌を目指しましょう。

外側からのケアだけでなく、内側からの栄養補給も水分アップのためには欠かせない要素。肌を作る素となる、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素をきちんと摂取すること。また、身体の中からもしっかりと水分補給しましょう。

引用:スキンケア大学

毎日のケアで、肌の水分量をキープして

年齢とともに肌の水分量は減少していきます。しかし毎日のスキンケアを工夫したリ、栄養豊かな食事や睡眠を意識することで、体の外と中の両方から、うるおいのある肌をキープすることができるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >