2017/07/08 20:10

メイクの基本。「ファンデーション」はカバー力重視で選ぶべし

困ったシミや赤ら顔などのコンプレックス。できるなら、ファンデーションでスッキリとカバーしてしまいたいものです。一体どのようなファンデーションが高いカバー力をもつのか、ここで確認しておきましょう。

カバー力高めのファンデーション

ファンデーションのタイプは、次々と増えて需要の幅も広がっています。その中でも、カバー力を重視すると、テクスチャーに注目して選ぶことが大切になります。まず一つはリキッドファンデーション。液状のファンデーションですが、種類によっては重めのものもあり、肌になじみやすいことも特徴です。

液状ファンデーションで、テクスチャーが軽い物から重いものまで種類が豊富です。保湿成分配合のものが多く、乾燥から肌を守ってくれます。伸びが良く、カバー力が高いものが多いです。

引用:スキンケア大学

リキッドファンデーションをさらに重くしたタイプがクリームファンデーション。肌に塗りやすく、高いカバー力を誇る一方で、厚塗りになりやすいというデメリットもあります。

リキッドファンデーションに比べ、テクスチャーが重たく、しっとりとした仕上がりになります。厚塗りになりやすいので、ナチュラルに仕上げるには注意が必要です。カバー力が高いものが多いです。

引用:スキンケア大学

シミやそばかすを消すためには

メイクのときに消したいのが、目立ってしまうシミやそばかす。場合によってはコンシーラーを用いることもありますが、カバー力が強いファンデーションを使えば、その必要もなくなります。ただし、全体を同じようにカバーしてしまうと重い印象になってしまうので、ファンデーションの使い分けをすることをおすすめします。

「コンシーラーを使うのがめんどくさい!」という方は、ファンデーションにカバー力を求めて選ぶのがよいでしょう。しかし、カバーしなくても良い場所もあるかと思います。

引用:スキンケア大学

マメでない人は、カバー力を重視してファンデーションを選ぶと毎日が楽になります。

部分的であれば、カバー力が高いものを選ぶ必要はありません。コンシーラーを併用し、ファンデーションは厚ぼったくならないものを選び、ナチュラルな肌を作りましょう。

引用:スキンケア大学

ナチュラルメイクにおすすめの使い方

ナチュラルなメイクを目指している人は、コンシーラーと薄づきのファンデーションを組み合わせて使うことをおすすめします。気になる部分はコンシーラーでカバーし、他の部分はパウダーファンデーションなどの薄づきのもので自然な仕上がりを目指しましょう。

化粧崩れの際も直しにくくなりますので、メイクが崩れやすい春夏シーズンは、なるべくコンシーラーを使用し、ファンデーションはリキッドやパウダータイプなど、薄くナチュラルに仕上がるものを選びましょう。

引用:スキンケア大学

メイク上手はファンデ上手

メイクをキレイに仕上げるコツは、ファンデーションを上手く使いこなすこと。さまざまなテクスチャーを試して、自分に合うカバー力を探してみるのも一つの手です。ベースメイクでキレイを目指しましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >