2017/10/09 12:10

切ると伸びるって本当…?「まつげを長くする正しい方法」、お教えします。

まつげは毛周期に合わせて定期的に生え変わっています。そのため、長くコシのある成長期と、抜け落ちてしまった後の休止期が混在しており、常に一定の量を保っているように見せているのです。

まつげのサイクル毛周期とは

まつげや体毛は毛周期のサイクルにより定期的に生え変わっています。

一般的に、まつげの毛周期は早い人で30日、遅い人で100日程度といわれています。まつげは体毛の中でもかなり短い毛になるので、他の体毛の毛周期と比較すると期間は短い方です。まつげの毛周期は、成長初期、成長期、退行期、休止期と、大きく4つの段階に分かれています。

引用:スキンケア大学

まつげは切ると伸びるの?

まつげを短く切ることで伸びてくるという根拠はありません。

まつげを切ったら短くなるだけで、やがて休止期が来ると抜け落ちてしまうだけです。よくいわれている、体毛を剃ると毛が濃くなるという話と同じで、濃くなったり、太くなったりすることはありません。ですから、まつげを伸ばす目的で切るのはやめましょう。

引用:スキンケア大学

まつげを長くするマッサージ

まつげを長くするためには、まぶたのマッサージが効果的だといわれています。温かいタオルなどで目元を温めてから、優しくマッサージするのがおすすめです。

健康的な髪を育てるために頭皮の血行が大切なのと同じように、健康的なまつげのためにも、血行を整えて栄養を行き渡らせることが重要です。

引用:スキンケア大学

1.マッサージの前にホットタオルで血行促進

マッサージを行う前に、まぶたを温めておきましょう。レンジで温めたタオルをまぶたの上に乗せ、しばらくそのままに。温めると血流がよくなるため、効果をより高めることができます。また、まぶたのむくみを解消するのにも効果的です。低温やけどの危険性をなくすためにも、タオルの温度には十分注意しましょう。引用:スキンケア大学

2.眉毛の下周辺を押す

まぶたを温めたら、眉毛の下の部分を軽く押していきます。親指の腹を使い、眉毛の下の骨に沿って顔の内側から外側にかけてマッサージしていきましょう。強く押さずに、優しく丁寧に行うのがポイントです。

引用:スキンケア大学

3.目の下を押す

次に、目の下の骨の周辺を押していきます。目の真下から始まり、顔の内側、外側と少しずつ移動させながら押していきましょう。皮膚が薄くデリケートな部分なので、摩擦を与えないように注意してください。引用:スキンケア大学

こめかみを押す

最後は、こめかみの周辺をマッサージします。こめかみの部分は、人差し指と中指の二本を使って、鎖骨へ向かって流すようにマッサージしましょう。気持ちがいいと感じるくらいの力加減がベストです。

引用:スキンケア大学

生活習慣もまつげに影響を与える

生活習慣も健康的なまつげを維持するために見直したいポイントです。髪の毛にいいといわれているタンパク質やミネラルは、まつげにも有効な栄養素です。

成長ホルモンがまつげの育毛にも深く関係しているので、夜ふかしを避けて、睡眠の質を高めるよう心がけていきましょう。日頃からアイメイクによって疲弊しているまつげに、お休みの日を設けることもひとつの方法です。

引用:スキンケア大学

健康的なまつげを育てる生活習慣を

まつげを切っても、まつげが太くなったり長くなったりする根拠はなく、まつ毛が短いことで目にゴミが入りやすくなったり、トラブルを引き起こす可能性もあるのでおすすめできません。健康的なまつげを育てるには、目元をいたわり生活習慣に気を配ることが大切です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >