2017/07/11 20:10

うっかり日焼けにご用心!?その後で実践できる正しいケアの方法

長時間の外出時は、日傘に、長袖シャツ、UVカットクリームや化粧品で日焼け対策しているのに、短時間だと大丈夫と過信し、なにもせずに、うっかり日焼けしてしまったとうことがあるかもしれません。

うっかり日焼けのための正しいケア

まず、最初に行うことができるのが、肌にこもった熱を鎮めることです。これにより、あとで他の肌トラブルが起こったりするのを回避できるとされています。

日焼けをすると、皮膚の細胞が傷つき、水分を保つ機能が弱くなっています。この状態で肌に刺激を受けると色素沈着を起こしたり、肌荒れを起こすなどトラブルの原因となります。日焼け後ヒリヒリしている状態なら、まずは専用のローションで熱を抑えることが必要。なければまずはおしぼりなどでも構いません。ヒリヒリが治まった後は、刺激の弱いクリームで肌を保護すると良いでしょう。肌状態が元に戻っていくにしたがっていつものスキンケアに戻していくと、トラブルが起きにくいですよ。

引用:スキンケア大学

うっかり日焼けは手作りパックでケアできる

肌に籠った熱を鎮めた後は、パックで肌ケアを行うことができます。

やり方は簡単。ヨーグルトと小麦粉を適当な硬さになる分量で混ぜ、顔に塗って十分ほど放置。その後、ぬるま湯で洗い流すだけ!ヨーグルトにはビタミンB2やビタミンAが豊富に含まれ、それぞれメラニンの生成を抑えたり、強い抗酸化作用を持つなど日焼け後のケアにうってつけなんです。このパックは日焼け後だけでなく日常的にも手軽に取り入れられ、美白や老化防止に効果があるので、ぜひトライしてみてください。

引用:スキンケア大学

正しいケアで肌のダメージ回復

うっかり日焼けも、肌の熱を冷ます、刺激の弱いクリームでの保護、パックというケアで、受けたダメージの回復を図ることができます。日焼けケアのパックは美肌、老化防止の効果も期待できるので忘れず行うようにしていきましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >