2017/05/19 20:10

ニオイも立派なエチケット。正しい汗対策で好感度アップ!?

体臭対策は、正しい方法で行わないとかえってニオイを悪化させてしまうことおそれがあります。正しい方法とはどのような方法なのか、注意点とともにチェックしましょう。

体の洗いすぎに注意

体をきれいに洗うことはニオイ対策になりそうですが、洗いすぎはよくないようです。それは、いいニオイを出す細菌である「表皮ブドウ球菌」の減少が関係しているようです。

身体をアルカリ性の合成洗剤を使って洗い過ぎてしまうと、表皮ブドウ球菌の大好物、皮脂膜まで洗い流されてしまいまい…その結果、表皮ブドウ球菌が減ってしまいます。そればかりか黄色ブドウ球菌などの有害菌が繁殖し、これが角質や垢を食べてアンモニアや硫化水素などの悪臭の元を発生させてしますのです。そのため、身体は表皮ブドウ球菌が残るようにやさしく洗うことが大切です。

引用:スキンケア大学

脂肪のとりすぎに注意

アポクリン腺から分泌される汗の中には、皮膚表面の菌によって分解されると悪臭を放つ「脂肪酸」が含まれています。脂肪酸は、脂質の多い食事をしていると多く分泌されてしまいます。

要するに、体臭予防には脂質を「適度に」取る必要があります。体臭予防にオススメの油は、オレイン酸が多く含まれるオリーブ油です。オレイン酸は酸化しにくく、体臭予防には効果的です。その他、シソ油やゴマ油に多く含まれる「α-リノレン酸」も、体内の組織中では酸化しにくくおすすめです。

引用:スキンケア大学

ストレスの溜めすぎにも注意

体臭は、ストレスを溜めることでも強くなるといわれています。ストレスが溜まると血液中の乳酸やアンモニア濃度が上がり、汗腺から放出されてニオイを放つようになるようです。

こうしたストレスによる体臭の対策としては、あまり熱すぎない温度の湯船にゆっくり浸かり、適度に汗を流してリラックスすることが大切です。入浴後、血行を良くしてから眠りにつくと体内のアンモニアが減少します。

引用:スキンケア大学

デオドラント剤の使い過ぎにも注意

このように、ニオイの原因にはさまざまなものがあります。適切にニオイ対策するためにも正しい方法を覚えておきましょう。デオドラント剤の塗りすぎは、必要な常在菌も殺してしまい、より体臭が強くなることもありますので、適切な場所に適切な量を塗るようにしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >