2017/11/15 12:10

頭も紫外線対策してる?日焼けしたときに役立つダメージケア

夏が近づいてくると紫外線ダメージが気になりますよね。ダメージを受けるのは肌だけでなく、頭皮や髪の毛も紫外線の影響を受けています。どうすればケアできるのでしょうか?

紫外線が及ぼす頭皮への影響

紫外線が肌の奥まで入ると、徐々に細胞を壊していき、それが肌の老化現象につながるといわれています。顔や手足への紫外線対策をする人は多いと思いますが、実は一番紫外線を浴びているのは頭皮なのです。

頭皮は太陽に面しているので、当たり前といえば当たり前なのですが、普段髪の毛に覆われているせいか、なかなかその危機感を感じ取ることができません。

引用:スキンケア大学

髪が受けるダメージはどういうもの?

髪の毛は紫外線を浴びると赤茶色に変色し、枝毛などが増えたり、髪の毛がブツブツ切れてしまったりすることがあります。

毛髪のタンパク質を構成するシスティンという結合部分にもダメージが与えられてしまうため、髪の毛が不自然なところですっぱりと切れてしまう、枝毛や切れ毛といった現象がおきるのです。

引用:スキンケア大学

頭皮がダメージをうけたら

髪の毛は見た目が変色したり、ぱさついたりと変化に気づきやすいですが、頭皮の場合、気づかないうちにダメージを受けている可能性があります。頭皮が日焼けしてしまった場合は、とにかく冷やしたタオルなどを頭にのせ、炎症をおさえましょう。

頭皮がヒリヒリと痛んだり、赤みがひどかったりする場合は、当日のシャンプーは避けるべきです。ぬるま湯で流した後は化粧水を塗り、消炎作用のある軟膏で保湿をしましょう。「頭に化粧水なんて塗って大丈夫なの?」とか、「本当に効果があるの?」と思う方もいるかもしれませんが、頭皮に化粧水を塗ることは、保湿効果があるので効果的です。

引用:スキンケア大学

痛みがなくても日焼けしている可能性も

頭皮はヒリヒリしなくても、海や屋外で長時間すごした場合は日焼けしている可能性が高いといわれています。市販のシャンプーでは刺激が強すぎる場合もありますので、低刺激なものを選んだりするようにしましょう。シャワーの温度もぬるま湯に設定し、優しくケアするとよいでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >