2017/09/22 12:10

もう疲れ顔なんて言わせない!目の下のクマ撃退メソッド

疲れて見えたり、老けて見えたりする目の下のクマには、たるみが原因の「黒クマ」、血行不良が原因の「青クマ」、シミやくすみが原因の「茶クマ」があります。このようなクマについて、それぞれの特徴とケア方法をご紹介します。

「黒クマ」はたるみが原因

目の構造として、上下のまぶたの内側に眼輪筋(がんりんきん)という表情筋があり、さらにその内側には眼窩脂肪(がんかしぼう)があります。眼輪筋が加齢によって、皮膚と同時にゆるんできます。その影響で、眼窩脂肪が眼球の重みに押されるため膨らみができます。この膨らみの下側に影ができ、「黒クマ」となります。

「青クマ」の原因は血行不良

目の周りには多くの毛細血管があります。その血液が滞り、薄い皮膚から毛細血管が透けて、青っぽく見えることがあります。これが「青クマ」です。冷え、ホルモンバランスや生活習慣の乱れ、疲労などによる血行不良が原因と考えられます。また、パソコン作業など同じ場所を長時間凝視することで、血流が滞ることも原因の一つとしてあげられるようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >