2017/10/08 12:10

朝の体操が身体によい理由と消費カロリーとは

こんにちは。スキンケア大学編集部のなんちゃんです。今日は、朝の体操(エクササイズ)について書きたいと思います。

弊社では、毎朝、始業時間とともにみんなで朝の体操を行います。僕たちがやっているのは【Revストレッチ】という体操で、ヤマハ発動機の社員のみなさんのために作られたオリジナルストレッチになります。

朝に運動することは、副交感神経から交感神経に切り替えて、頭と身体をすっきり目覚めさせる効果があるといわれており、僕は朝の体操のおかげで、体調がよくなった気がします。

Revストレッチの方法

Revストレッチは、以下の流れで行います。

1.伸びの運動
両手を組んで、上半身を左右にたおしたり、背中・腰を伸ばしたりします。朝からの伸びは、とにかく気持ちいいです。
2.手首の運動
両腕を前方に突き出して、手首だけを下にぐいっと曲げます。PC作業が多いため、手首の運動はありがたいです。
3.二の腕の運動
左右のひじを交互の押し下げる運動です。デスクワークで肩こりがしやすいため、肩甲骨を動かすイメージでやっています。
4.肩の運動
右手を右肩、左手を左肩において、前方と後方に回します。そのあと、右ひじを左腕で、左ひじを右腕で引き寄せて伸ばします。肩を肩こりの僕にとって、一番好きなストレッチになります。
5.首の運動
後ろに手を組んだ姿勢で、首を左右、上下に倒して伸ばします。モニターとにらめっこする僕たちにとってはありがたいストレッチです。
6.腰の運動
足を肩幅より広めに開き、上半身を前に倒して腰を伸ばします。そのあと、左右の足の甲を手で触り、さらに腰を伸ばします。やりはじめた当初、痛みがあった腰が、最近はラクになりました。
7.足首の運動
両足を交互に前にして、アキレス腱をゆっくり伸ばします。伸ばし終わったあと、つま先を地面につけて、足首を回すと、とても気持ちいいです。
8.伸びの運動
最後は、深呼吸をします。ゆっくり鼻から息を吸って、口から吐きながら全身を伸ばしましょう。3回くりかえしたら終了です。

国民の運動「ラジオ体操」とは

朝の運動といえば、ラジオ体操です。誰もが知るラジオ体操について調べてみました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >