2017/07/03 15:00

産後は美乳づくりの最大のチャンス! 「垂れない! しぼまない! ママになっても美おっぱい」基礎編

美乳研究家MACO『ママになっても美おっぱい!』より

また、産後「自分史上最大」にサイズアップしたおっぱいは、授乳の役割を終えると元のサイズに戻っていきます。このときのおっぱいを風船に例えるとわかりやすいのですが、膨らます前は伸縮性があり、膨らみ切るとハリやつやが出てきれいなのに、そのあとに空気を抜くと伸縮性は弱くなり、しわしわに…。

美乳研究家MACO『ママになっても美おっぱい!』より

もちろん、「もともと貧乳だし、あんまり大きくないから関係ないわ」と思っているあなたも要注意! 「小さめサイズであっても垂れます、離れます、はみ出ます」と、MACOさん。小胸であっても油断は禁物なのです。

■産後すぐの美おっぱい習慣、3つのポイント
卒乳後の美おっぱいを目指すためには、まずは産後、ママが陥りがちな悪習慣を見直すことが大切です。残念おっぱいのリスクを回避すべく、これだけは押さえておきたいMACOさん流「美おっぱいへの道、3つのポイント」を紹介します。

<産後すぐにとり入れたい美おっぱい習慣>
1.授乳やオムツ替えをするときは姿勢を工夫する
骨盤を立てて背筋を伸ばして座るのが基本。授乳のときは、授乳枕にタオルを挟むなどして、赤ちゃんをおっぱいの高さに合わせ、姿勢をキープ(ミルクをあげる場合も同様)。赤ちゃんの口元に乳首があれば、おっぱいを下に引っ張られることもなく美おっぱいをキープできるうえ、乳管がまっすぐになるので乳腺炎の防止にも。
2.抱っこ紐やママバッグを持つときはおっぱいを保護する意識を持つ
抱っこ紐&大容量のママバッグを持ったお出かけのときは、無意識のうちに大事なおっぱいを押しつぶしてしまわないよう注意。赤ちゃんの顔や頭でおっぱいが押しつぶされてしまうのは仕方がないにせよ、抱っこ紐やママバッグで脇のリンパを締め付けたり、おっぱいのふくらみを潰さないよう組み合わせを工夫。
3.ベビーカーで散歩する時は大股歩きでお尻を使う
ベビーカーを押すときは、背筋を伸ばして手は肩幅に、肩が常に耳の下に来るような姿勢で歩く。赤ちゃんの安全を優先しながら無理のない範囲で大股歩き。後ろ足でしっかり地面を蹴りお尻を使うことで、運動不足の解消にも。

ちなみに、「添い乳(夜間の添い寝授乳)」がおっぱいに与える影響について、MACOさんはこう言います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >