2017/08/23 14:30

“世界で最も稼いだ俳優”ランキング発表!男女間の格差が顕著に

マーク・ウォールバーグ&ドウェイン・ジョンソン&ライアン・ゴズリング -(C) Getty Images
マーク・ウォールバーグ&ドウェイン・ジョンソン&ライアン・ゴズリング -(C) Getty Images
先日、「Forbes」誌から“世界で最も稼いだ女優”ランキングが発表され、見事1位を獲得したエマ・ストーン。22日(現地時間)、同ランキングの俳優版が発表になり、トップに立ったマーク・ウォールバーグの収入がエマの2.5倍以上あることが明らかに。映画界で問題になっている“男女間の収入格差”が証明された形だ。

マークは『トランスフォーマー/最後の騎士王』や『Daddy’s Home 2』(原題)の出演料をメインに約74.8憶円(6,800万ドル)を得て、昨年1位だったドウェイン・ジョンソンからトップの座を奪った。

ドウェインは過去の人気ドラマ「ベイウォッチ」のリメイク映画『Baywatch』(原題)と、アメリカで12月に公開を控える『Jumanji: Welcome to the Jungle』(原題)の出演料を含む、合計約71.5憶円(6,500万ドル)で2位につけた。

3位はドウェインと『ワイルド・スピード』シリーズで共演し、不仲が報じられたヴィン・ディーゼルで約60憶円(5,450万ドル)。

4位は約56億円(5,050万ドル)のアダム・サンドラー、5位は約54憶円(4,900万ドル)のジャッキー・チェンだった。

約28億6,000万円(2,600万ドル)を稼ぎ出し、女優ランキングの1位に輝いたエマは、俳優ランキングと総合すると上から15番目のポジションに位置している。14位は、『ラ・ラ・ランド』でエマと共演したライアン・ゴズリングだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >