2017/09/21 08:00

セレブの“キラキラネーム”事情!パパ&ママの思いとは?

ベネディクト・カンバーバッチ&リアム・ペイン&ジョージ・ルーカス&ビヨンセ-(C)Getty Images
ベネディクト・カンバーバッチ&リアム・ペイン&ジョージ・ルーカス&ビヨンセ-(C)Getty Images
6月に双子の男の子と女の子が誕生したジョージ&アマル・クルーニー夫妻。アレキサンダーとエラという、ハリウッド・セレブらしからぬ伝統的な命名にも注目が集まったが、これはキラキラネーム大流行の風潮への反発によるものだという。

「何の意味もない、ハリウッド風のふざけた名前はつけたくなかった。あの子たちはただでさえ、セレブの重荷を背負うことになるんだから」。ジョージは、必要以上の関心が子どもたちに寄せられないように配慮したと「Paris Match」誌で語った。

だが、可愛いわが子に特別な思いを込めた名前をつけてあげたいのも親心。パパ、ママになったセレブたちは工夫を凝らし、一度聞いたら忘れない名前を愛児のために探してくる。

■親しみある印象が人気の理由か!? “ベア”
セレブになぜか人気なのは“ベア(熊)”。「ワン・ダイレクション」のリアム・ペインとシェリル・コールは3月に生まれた息子にベアと名付けた。リアムは「僕は伝統的な名前にしたかったけど、彼女がもっと変わったものを望んだんだ」「彼女がベアを選んだのは、絶対に覚えてもらえる名前だから。僕も気に入ってる」とラジオ番組「Total Access」で話している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >