2017/12/07 13:30

『ドラゴン・タトゥーの女』続編、D・クレイグの後任にスウェーデン人俳優

ダニエル・クレイグ&スヴェリル・グドナソン-(C)Getty Images
ダニエル・クレイグ&スヴェリル・グドナソン-(C)Getty Images
『ドラゴン・タトゥーの女』が公開されてから、すでに6年が経とうとしている。ついにキャストが決定し、2018年1月に待望の続編『The Girl in the Spider’s Web』(原題)の撮影がいよいよ始まるという。「Variety」誌が報じた。

今年9月に、前作でルーニー・マーラが演じたリスベット役を「ザ・クラウン」のクレア・フォイが引き継ぐことが発表されたが、今月に入り、ダニエル・クレイグが演じたミカエル役をスウェーデン出身のスヴェリル・グドナソンが演じることが決定した。

スヴェリルは、今年テニス映画『Borg/McEnroe』(原題)に主演し、テニス界の伝説的スター、ビョルン・ボルグを演じて知名度を上げた。その結果、映画やドラマなどの世界的データベース「IMDb」での名前の検索数が爆発的に増え、「IMDb」より「2017 IMDb STARmeter Award」を受賞している。

1作目がスティーグ・ラーソンの推理小説「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」を原作としているのに対し、今回の2作目は、ラーソンの死後、ダヴィド・ラーゲルクランツが発表した「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」をベースとしている。監督は『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >