2018/01/17 16:30

ヒース・レジャーの死から10年…姉が心境を語る

ヒース・レジャー-(C)Getty Images
ヒース・レジャー-(C)Getty Images
ヒース・レジャー(享年28)が亡くなってから、1月22日で10年を迎える。ヒースの姉ケイトさんがこの10年をふり返り、「WHO」誌に心境を語った。

ケイトさんによれば、ヒースの娘で自分にとっての姪にあたるマチルダちゃん、その母ミシェル・ウィリアムズとの関係は良好だという。「私たち(レジャー家)は、ミシェルとマチルダと定期的に連絡を取っていて、結構頻繁に訪ねたりもしてるの。マチルダは素晴らしい子ね。私たちの喜びの源よ」。

ヒースが亡くなった当時、2歳だったマチルダと同様ケイトさん自身の子どもたちもまだ幼かった。しかし、“ヒース叔父さん”はいまでも子どもたちの生活にとって重要な存在だという。「ヒースの思い出話や彼について話をしない日はまったくないわ。いまもうちの中で生きているような感じね」。彼の出演作を見て、動いている姿や声を聞くのはつらくもあるが、一方で子どもたちと叔父さんの姿を共有できることは幸せとも。ケイトさんはヒースを「ソウルメイト」と呼び、ほとんど毎日連絡を取り合うほど仲がよかったそうだ。

レジャー家は、映画製作を愛したヒースの遺志を継ぎ、ヒースのようにオーストラリアからハリウッドへと羽ばたく俳優を支援する「ヒース・レジャー奨学金基金」を設立した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >