2018/03/01 17:30

オスカー女優ジェニファー・ローレンス、オーディションに落ちてショックだった映画とは?

売れっ子オスカー女優のジェニファー・ローレンス
売れっ子オスカー女優のジェニファー・ローレンス

女優のジェニファー・ローレンスが、オーディションに落ちてショックだった映画について語った。

ジェニファーは映画『世界にひとつのプレイブック』(12)でアカデミー賞主演女優賞を受賞。そのほかに3作品でアカデミー賞にノミネートされたことのある若手人気女優だ。

そんな売れっ子ジェニファーはラジオ番組「The Howard Stern Show」でどうしてもほしかった役について「本当に辛かったやつ、オーディションに落ちて本当に打ちひしがれた作品はね……だって、ほとんどは『縁がなかったのね。何ができるの? 前に進みましょ』ってなるもの。それはティム・バートンの『アリス・イン・ワンダーランド』ね。本当にショックだったわ」と語り、アリスを演じたミア・ワシコウスカについて「パーフェクト」だったと称賛した。

また、『トワイライト』シリーズのオーディションも受けたが、落ちたことはショックではなかったと明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >