2017/10/04 15:30

K・ウィンスレット&L・ディカプリオ、『タイタニック』の撮影でお互いを「決して好きにならなかった」

『タイタニック』コンビのケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオ
『タイタニック』コンビのケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオ

女優のケイト・ウィンスレットが、大ヒット映画『タイタニック』(97)の撮影でレオナルド・ディカプリオと恋に落ちなかったことを明かした。

『タイタニック』は有名な恋愛映画の1作で、ケイトとレオナルドは駆け落ちするカップルのローズとジャックを演じた。主役の2人は20年が経った今も仲が良いことが話題になっている。

そんなケイトは現地時間3日にテレビ番組「Lorraine」で「レオと私にとって、とても強烈な仕事の7か月間だったわ」「私たちは2人共とても若かったの。幸運なことに、これが最も幸運なことなんだけど、私たちはお互いを決して好きにならなかったわ。それを聞くのはすごく嫌だとは思うけれど。ごめんなさい。私たちは決して好きにならなかったの」と明かした。また、「私たちはお互いをからかい合うことができて、今もそうしてるわ。だから、とても素晴らしいの」とレオナルドとの友情を語っている。

恋愛感情をお互いに一切持たなかったのも、ケイトとレオナルドが長年友人でいられる理由の1つなのかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >