2017/07/06 18:30

アンドリュー・ガーフィールド、同性愛者の役について「僕は今、肉体的な行為のないゲイ」

人気俳優のアンドリュー・ガーフィールド
人気俳優のアンドリュー・ガーフィールド

俳優のアンドリュー・ガーフィールドが、英ロンドンの舞台「エンジェルス・イン・アメリカ」の役について語った。

アンドリューは「エンジェルス・イン・アメリカ」でエイズと闘うゲイの男性プライアー・ウォルターを演じており、先日行われたパネルディスカッションで役について語ったと同性愛者向けの雑誌「Gay Times」は伝えた。アンドリューは「自分が知っている限り、僕はゲイではないよ」「もしかしたら、後の人生で目覚めることがあるかもしれないし、それは素晴らしいことで、そっちのガーデンを探検することができるよ。でも、今は自分のエリアに隠れているんだ。それも素晴らしいことだよね」と話し、自分が役を演じていいのかという葛藤もあったと明かした。

さらにアンドリューはドラァグクイーンのスターを発掘するリアリティー番組「ル・ポールのドラァグレース」を見て役作りをしているそうで、「『ル・ポールのドラァグレース』のすべてのシリーズだよ。全シリーズ」「毎週日曜日に8人友達を呼んで、『ル・ポールのドラァグレース』を見るんだ。これがこの舞台以外の僕の生活なんだよ。僕は今、肉体的な行為のないゲイの男性なんだ。それだけさ」と語っていて、役にかなり集中している様子だ。

アンドリューは以前、映画『アメイジング・スパイダーマン』(12)で共演した女優のエマ・ストーンと長年交際していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >