2017/05/06 10:00

GWは洋書を読もう!おすすめの児童文学5選

■「トワイライト」シリーズ
こちらも映画化、日本語に翻訳化されている、王道の児童文学「トワイライト」シリーズ。ヴァンパイアとの恋愛模様を描いたこちらの作品は、切なくかつ愛の詰まった作品となっている。恋愛作品は基本的に、感情移入しやすく、主人公の心情を書いたワードや、会話文が多いので比較的読みやすい。

注目の児童文学の新作2選
■The Hate U Give
先月発売されたばかりのこの作品は、ティーンズから惨劇的ではあるが今のアメリカの現状を表していると評価を得ている。貧しい地域に暮らしつつも、素晴らしい進学校に通い、全く異なる世界で平行して生きる16歳の少女がこの物語の主人公。警官によって主人公の大親友が撃たれたのを目撃した日から崩壊していく彼女の日々を綴っている。またこの作品は、2016年にアメリカで大きな社会現象となった「ブラック・ライヴズ・マター」運動の発端となった、警察官による黒人殺害事件にインスパイアされた作品だとも言われている。社会的にも政治的にも今のアメリカ社会に衝撃を与える新作洋書だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >