2017/07/08 15:00

インタビュー!『カーズ/クロスロード』監督、プロデューサーが製作の舞台裏を語る

美しいアンドレア・ウォーレンプロデューサー。楽しそうに製作当時を振り返っていた。
美しいアンドレア・ウォーレンプロデューサー。楽しそうに製作当時を振り返っていた。

レーシングカーであるマックィーンの成長を描き、日本でも大人気シリーズとなった『カーズ』シリーズ。その最新作『カーズ/クロスロード』(7月15日日本公開)のPRのため来日した、ブライアン・フィー監督とアンドレア・ウォーレン共同プロデューサーに本作の魅力について語ってもらった。

■ブライアン・フィー監督
実は本作で初めて監督に主任したブライアン監督。以前は『カーズ2』(11)、『レミーのおいしいレストラン』(07)、『ウィーリー』(08)でストーリー・アーティストとして活躍していた。初めての監督業を振り返って、「本当に自分はとてもいい経験をさせてもらったよ。とんでもなく大変なことだったけど。でもスタジオから素晴らしいサポートをしていただいてやり通すことができた。手掛けたことがない、やったことがないかっていう恐れが障害にならないようにすべてを学んだ。他の監督たち、ジョン・ラセター(トイストリーシリーズ、前作カーズの監督)ともたくさん話した。スタジオによって僕は助けられ、この作品が完成したよ」と共に作品を作り上げたスタッフに感謝を述べた。本作では、エンディングをどうするかかなり迷ったようで、「今回はエンディングを何度も何度も練ったよ。数得ることができないくらいのパターンがあった。その中で一番僕らが伝えたいことがベストに伝わるのがこのエンディングだということに行きついた。マックィーンにとってこれは必ず通らなきゃいけない道だったんだ。そしてもう一人、クルーズの物語であること。自分に居場所がなかったり、自信を持てない子のために見てほしいと思ってつくったよ。ここが決まったら後の演出は他の部分と変わらずに最善の形で物語を伝えるようにしたんだ」と語り、試行錯誤の上に辿り着いたエンディングに大きな自信があると語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >