2017/07/09 10:00

インタビュー!『パワーレンジャー』ナオミ・スコット、”日本のファンに圧倒された”

日本の食文化に魅了されたという女優のナオミ・スコット
日本の食文化に魅了されたという女優のナオミ・スコット

“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作『パワーレンジャー』(7月15日日本公開)。本作でピンクレンジャー役を演じる女優のナオミ・スコットが来日し、日本のファンや自身の役柄について語ってくれた。

―『パワーレンジャー』ジャパンプレミアで日本のファンと触れ合ってみていかがでしたか?
「すっごい皆熱くて圧倒されちゃったの。日本のファンに会って皆こんなにパワーレンジャーが好きなんだって実感したわ。自分の目でそれを体験することができて最高だったし、謙虚な気持ちにもなれてとても楽しかったわ。大声で叫んでくれたしね」

―ヒーロー作品が多くの人々から愛される現代社会で、ピンクレンジャーという1人のヒーローになれたことをどう思いますか?
「役者として自分で一番あっと思ったのが、監督が言った”これはキャラクターが作っていく映画で、スーパーヒーローと関係している側面は全て隠喩だ”っていう言葉なの。それを聞いてとても面白い企画だと思ったわ。(作品内のキャラクターたちは)真のチームにならないと変身ができなくて、あるがままの自分を受け入れることができて初めて変身できるの。その物語がとてもいいなあって思ったわ。映画を通してやっぱり大事なのはキャラクターなのよね。彼らの物語が何なのかということに焦点を置いて演じたわ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >