2015/12/10 18:00

パリス・ヒルトン、ぶりっ子ボイスの誕生のきっかけを明かす

お嬢様タレントのパリス・ヒルトン (c)Imagecollect.
お嬢様タレントのパリス・ヒルトン (c)Imagecollect.

お嬢様タレントでDJとして活躍するパリス・ヒルトンが、ぶりっ子ボイスの誕生の秘話について明かした。

パリスは2003年にニコール・リッチーとリアリティー番組「シンプル・ライフ」をスタートし、ぶりっ子なキャラクターで注目された。パリスは地声とは違うベイビーボイスでメディアに話すことで知られている。

そんな34歳のパリスはウェブサイト「Broadly」にベイビーボイスについて、「私がとても若かった頃、赤ちゃんの時か子供の頃にできたわ」「お父さんに何か買ってほしい時に私は『パパ、これがすごくほしいの!』って言っていたの」と話した。さらに妹のニッキーは「彼女は何かほしい時に声のオクターブがかなり高くなって、スウィートになるのよ」と明かしている。

子供の頃の話し方を大人になっても続けるパリス。それが彼女が非難されるところでもあり、愛されるところでもある。きっと年を重ねてもパリスは彼女らしいキャラクターで生きて行くだろう。【馬場 かんな】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >