2017/12/10 13:00

2017年洋画興行収入ランキング!今年の話題作を振り替える

エマ・ワトソンがベル役を演じ話題を呼んだ作品『美女と野獣』(17)
エマ・ワトソンがベル役を演じ話題を呼んだ作品『美女と野獣』(17)

今年も数多くの映画が公開され、ミュージカル映画やアクション映画、大人気シリーズ最新作など、様々なジャンルの映画が2017年の映画界を大きく盛りあげた。その中でも全世界で話題を呼んだ映画をウェブサイト「Box Office Mojo」を参考に興行収入をもとに振り返る。(なお、ランキングは12月5日時点のものアニメ作品は除く)

■音楽映画の年!ミュージカル作品が1位に!『美女と野獣』
今年は、『ラ・ラ・ランド』(17)、『ベービードライバー』(17)、『SING』(17)など音楽映画が多く上映され、話題を呼んだ。その中でもディズニーの長編アニメーションの実写版として話題を呼んだ『美女と野獣』(17)。主演は『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのエマ・ワトソン、彼女の圧倒的演技力と美しさが全世界の若者を魅了した。ミュージカル映画なので、歌でストーリーが展開されていくのだが、ずっと聞いていたいと感じさせるほど役者全員の歌声が素晴らしい。なかでも大きく話題を呼んだのが、ルミエール役の俳優ユアン・マクレガー。『スターウォーズ』シリーズのオビワンなど、硬派なイメージの彼によるコミカルな歌声と歌唱力に多くのファンが驚いた。今後も同じくディズニー実写映画の『ムーラン』(2019年アメリカ公開予定)が公開されるなど、まだまだ映画界を実写化が話題になるだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >