2017/11/10 12:30

「ゴシップガール」のエド・ウェストウィック、2人目の性的暴行疑惑も否定

「ゴシップガール」のエド・ウェストウィック
「ゴシップガール」のエド・ウェストウィック

テレビドラマ「ゴシップガール」の俳優エド・ウェストウィックが、2人目の性的暴行疑惑を否定した。

ハリウッドの大物映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインが過去30年に渡り、複数の女性にセクハラをしてきたことが明らかになったことで、次々と過去のセクハラ被害を告白する人が増えており、女優のクリスティーナ・コーエンは先日、3年前にエドから性的暴行を受けたとフェイスブックで告白した。エドはソーシャルメディアで「この女性を知りません。僕は女性にいかなる方法でも自分を強制したことはありません。僕は絶対に決してレイプはしていません」と否定。しかし、ロサンゼルス警察は今回のクリスティーナの件について調査を開始していた。

そして、現地時間8日に元女優のオレリー・ウィンさんがフェイスブックに2014年8月にエドから性的暴行を受けたと投稿。友人の誘いでエドのアパートに行き、みんなで朝の5時まで遊び、その後全員数時間寝ることになったが、クリスティーナの時と同じように無理やり押さえつけられ、ワンピースの水着を破られたと明かした。オレリーさんは当時交際していた「glee(グリー)」の俳優マーク・サリングにレイプされたと告白するも、相手の名前を言うと知らないフリをされて、責められ、さらに数人の友人に相談するが、黙っておくべきだと言われたと綴っている。

エドは2人目の告白を受けて、インスタグラムに「未確認で事実ではないソーシャルメディアの2つの主張の結果、僕がこのような卑劣で恐ろしい行為と何らかの関係があると結論づける人がいて、がっかりしていますし、悲しいです。僕は絶対にやっていませんし、当局と協力してなるべく早く自分の汚名を晴らします」と表明した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >