2018/01/12 18:00

『SW/最後のジェダイ』のロケ地は?舞台裏に迫る特別映像

ルークとレイが出会う惑星オクトーはスケリッグ・マイケル島がロケ地
ルークとレイが出会う惑星オクトーはスケリッグ・マイケル島がロケ地

大ヒット上映中の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より、本作のロケ地の舞台裏が明かされる特別映像が公開となった。

映画が公開されると一気に注目を集め話題となる「スター・ウォーズ」のロケ地。例えば惑星タトゥイーンのロケ地となったチュニジアのマトマタには、ルークが生まれ育った家などがそのまま残されており、世界中からファンが押し寄せる人気スポットになっているのだ。そして本作でも「スター・ウォーズ」ならではの印象的な惑星が登場する。メガホンを取ったライアン・ジョンソン監督は「スター・ウォーズ」の世界を作り上げるため、「まず話し合うのはシリーズの世界観をどう描くか」だと語り、撮影は1日おきに新しいロケ地へ移りながら行われたそうだ。

本作の中でもひときわ美しく、たくさんのクリーチャーやキラキラした世界が描かれるのが惑星カントニカの都市カント・バイト。この惑星は、ストームトルーパーの脱走兵フィンと新キャラクターのローズが訪れる場所で、きらびやかで豪華なカジノが登場する。このカジノにはマーク・ハミルがBB-8にコインを入れまくるエイリアンとしてカメオ出演の報道でも話題となっている。そのロケ地となったのはクロアチアのドブロブニク。そこで撮影されたのはカーチェイスのシーンだ。監督は「街路でスピ―ダーを破壊した時は、すごい映像になると確信したよ」と言う通り、車が宙に舞うように破壊される中、美しい街並みをフィンとローズが駆け抜けていくシーンは圧巻。一瞬も目が離せないハラハラどきどきのシーンとなっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >