2017/08/13 10:00

映画版「ダウントン・アビー」について今わかっていること

全米映画俳優組合賞にノミネートされた「ダウントンアビー」
全米映画俳優組合賞にノミネートされた「ダウントンアビー」

大人気テレビドラマ「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」が日本でもついに最終回を迎えてしまった。個性溢れるダウントンの面々を見られなくなって、さみしく思っている方も多いだろう。そこで今回、ファン待望の映画版「ダウントン・アビー」について、現時点でわかっていることをまとめてみよう。

■公開日は未定!
残念ながら公開日はまだ発表されていない。しかし、NBCユニバーサル代表のマイケル・エデルスタインがAP通信に「我々は脚本を準備している最中で、キャストを集める方法を模索しているところです。皆ほかの仕事をしていますからね。しかし来年中には制作をスタートさせられると思っています」と話していたことから、2018年中に制作がスタートしそう。

■キャストの集結はハードルが高そう!
クリエイターのジュリアン・フェロウズが「映画化の最大の問題は、世界中に散らばってしまった俳優たちを集めることだ」と話しているとイギリスの大衆誌「The Mirror」が報じている。確かにドラマの出演者たちには現在イギリスを離れ活躍している人も多い。グランサム伯爵を演じるヒュー・ボネヴィルは、映画『パディントン2』(2018年1月日本公開)を含め3本の出演映画の公開が控えているし、メアリーを演じるミシェル・ドッカリーはアメリカのテレビドラマシリーズ「Good Behavior」(原題)に主演。アンナ役のジョアン・フロガットもイギリスのテレビドラマ「Liar」(原題)に主演が決まっている他、今年だけで4本も出演映画が公開される。出演者のスケジュール調整だけでも大変な作業になりそう!でも、キャストは映画化に前向きなようで、ローズ役のリリー・ジェームズがイギリスのタブロイド紙「Daily Mail」のウェブサイトに、「皆出演すると思うわ」と話しているほか、イーディス役のローラ・カーマイケルやアンナ役のジョアンもそれぞれインタビューで映画出演を待望していることを話している。これは期待が持てそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >