2017/07/13 18:00

「フィフス・ハーモニー」、カミラ・カベロの脱退について「やれることはすべてやった」

「ビルボード」誌の表紙を飾った「フィフス・ハーモニー」
「ビルボード」誌の表紙を飾った「フィフス・ハーモニー」

アメリカの女性グループ「フィフス・ハーモニー」が、カミラ・カベロの脱退について語った。

昨年12月に「フィフス・ハーモニー」は「私たちはカミラがフィフス・ハーモニーを脱退すると彼女の代表から連絡を受けました」と発表。その後カミラが「私が知らないうちにフィフス・ハーモニーのアカウントが投稿した表明文を読んでショックを受けました。ツアー中に将来について長いとても必要な話をして、彼女たちは私の気持ちを知っていました。私がグループを去ることを私の代表から知らされたと言っていることは単純に事実ではありません」と長文のコメントを出して、円満な脱退ではないようであった。

そして、メンバーのノーマニ・コーディは音楽誌「ビルボード」にカミラの脱退について、「私たちが友達として、バンドメイトとして、人間としてやれることはすべてやったって分かっているから、夜眠れるのよ」とコメント。さらにアリー・ブルックは「人を変えることはできないわ」と話し、ダイナ・ジェーンは「今、私たちがより良い場所にいるって言いましょうよ。このグループに秘密はないわ」と語っている。

また、「フィフス・ハーモニー」は今年、3枚目のアルバムをリリースする予定だとのこと。アリーは「正直、今、これ以上ハッピーにはなれないわ」と4人での活動をたのしんでいる様子だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >