2017/12/16 12:00

ライブレポート!ハリー・スタイルズ、初の来日ソロライブで魅せた自身のスタイル

初の来日ソロライブを行った歌手のハリー・スタイルズ
初の来日ソロライブを行った歌手のハリー・スタイルズ

大人気ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」の一人である歌手ハリー・スタイルズが、初の来日ソロ公演を12月7日、8日の2日間にかけて東京 EX THEATER ROPPONGIで行った。今回は8日のライブの模様をレポート!ハリーが魅せた自身の新境地と、独自の音楽スタイルとは?

公演が開幕すると、「Ever Since New York」の曲と共にステージの幕にスポットライトが当てられ、そこにはハリーのシルエットが。幕が上がると、自らギターを片手に歌いだすハリーが現れ、会場は熱気に包まれた。「ワン・ダイレクション」のポップなサウンドとは異なり、レトロでヴィンテージ調なスタイルが感じられるハリーのソロ曲たち。赤を基調としたステージとハリーが着こなす深紅のグッチのスーツからは、アイドルとしてではなく、成長したハリーのソロ活動に対する熱い思いが感じられた。2曲目の「Two Ghosts」では、しっとりとしたギターベースのサウンドが小さな会場に鳴り響き、真剣な面持ちで歌うイモーショナルなハリーの歌声は、まるでファンに語りかけるかのような、優しくも力強いものだった。一方で曲の合間には、チャーミングな笑顔を見せながら「皆ダイスキ!水いかがですか!?酒いかがですか!?元気ですか!?元気です!」と日本語を連発!「水いかがですか?」といった後に、自身のボトルの水を観客に向かってぶちまけるシーンも!曲のパフォーマンスでソロとしての自身を確立する一方で、ファンに対して親密なサービスを行うハリーの姿は「ワン・ダイレクション」で活動していた頃の彼を一瞬フラッシュバックさせるものだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >