2017/09/16 16:00

「ザ・チェインスモーカーズ」、人種差別的なジョークを言い非難される

人種差別的な発言をし、非難を集めているEDMデュオの「ザ・チェインスモーカーズ」
人種差別的な発言をし、非難を集めているEDMデュオの「ザ・チェインスモーカーズ」

リリースする曲がことごとくヒットし、経済誌「フォーブス」が発表した2017年度「世界で最も稼いだDJランキング」の3位を獲得するなど、勢いが止まらない人気EDMデュオの「ザ・チェインスモーカーズ」。しかしそんな彼らの人気に陰りを与えるある騒動が。「ザ・チェインスモーカーズ」のアレックス・ポールがアジア人を差別したジョークを言い非難を集めているのだ。

セレブメディア「ハリウッドライフ」はアレックスがアジア人リポーターの前で、中国人に関する人種差別的なジョークをし非難されていると伝えた。「ザ・チェインスモーカーズ」は自身のツイッターで、あるインタビュー動画を公開(現在は削除済み)。そのインタビューの中で、アジア人リポーターがアレックスに「愛犬のチェダーはツアーに連れてこないのですか?」と質問すると、アレックスは「あー、連れてはこないかな。彼はとても行儀が悪いんだ」と明かした。ここまではよかったのだが、問題はこの後アレックスが付け加えた一言、「もし連れてこれるなら、喜んでそうしたよ。ただし中国以外の国でね」という発言だ。アレックスは中国の犬食文化、食用として犬を育て食べる文化をジョークにして、この一言を放ったのだ。しかもアレックスは半笑いでこのジョークを言い、言い終わった後も笑い続けた。これにアジア人リポーターはショックを受けたかのように、口を手で覆い苦笑い。相方のアンドリュー・タガートは、「ごめんよ」と謝り、ショックのあまりか、リポーターと同じく手で口を覆った。話の流れを修正しようと試みたアンドリューとリポーターだったが、アレックスが笑い続けるため、インタビューはとても気まずい雰囲気に包まれた。これの動画を見たアジアのファン達は激怒。「彼らには失望してしまった」と悲しみ、残念がる声がSNSなどに寄せられた。

今まさに各分野で問題視されている人種差別的問題を起こしてしまったEDMデュオの「ザ・チェインスモーカーズ」。次の彼らの言動に注目が集まっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >