2018/05/17 10:00

『メイズ・ランナー 最期の迷宮』待望の日本公開を前に、シリーズを総ざらい!

勢ぞろいしたキャストたち
勢ぞろいしたキャストたち

時代を駆け抜けたメガヒット・シリーズ『メイズ・ランナー』この度、『メイズ・ランナー:最期の迷宮』(6月15日日本公開)に向けてシリーズを総ざらい!第1作公開から4年、若きキャストたちの成長が一目でわかる場面写真も大公開された。

地中から猛スピードで上昇するエレベーターが開き、トーマスは謎の広場のど真ん中にいた。巨大な壁で構成されたメイズ(迷路)によって閉ざされたその場所には同世代の若者たちがいた。なぜ、送り込まれたのか。その謎を解くためには、メイズを脱出するしかない。だが、巨大なメイズは日々形を変え、〈グリーパー〉と呼ばれる怪物が襲いかかってくる。一度侵入したら走り続けるしかない。シンプルなストーリーに、若者たちのがむしゃらな奮闘がアドレナリンを刺激する『メイズ・ランナー』は、公開されるや全世界でセンセーショナルな大ヒットとなった。

本作でトーマス役に大抜擢され、全世界で大ブレイクしたディラン・オブライエン、『ラブ・アクチュアリー』(03)の天才子役として愛され、童顔が残るニュート役に起用されたトーマス・ブロディ=サングスター、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(17)と本シリーズのヒロインを演じたカヤ・スコデラリオ、俊足ランナー、ミンホに扮して走り続けたキー・ホン・リー、第1作で悪漢ギャリーを怪演したウィル・ポールターは、キャスリン・ビグローの『デトロイト』(17)の悪徳警官役に大抜擢されるなど、若きキャストたちは『メイズ・ランナー』シリーズと共に成長してきた。シリーズ累計1,000億円を超えるメガ・ヒットに導いたのは、映像感覚派のウェス・ボール監督。撮影前に若きキャストたちの仲間意識を高めるためのブートキャンプを行い、仲間意識を大切に育ててきたことが世界のティーンたちの共感を生んだ。

シリーズ最大にして最高のクライマックスが待ち受ける『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の公開に期待したい。

■『メイズ・ランナー:最期の迷宮』
2018年6月15日 全国ロードショー
配給:20世紀FOX映画 
(c) 2018 Twentieth Century Fox Film

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >