2018/04/18 11:30

『マレフィセント』続編の悪役に決まったのは?

イギリスの俳優エド・スクライン
イギリスの俳優エド・スクライン

ディズニー映画『マレフィセント』(14)の続編で、俳優のエド・スクラインが悪役を演じることが分かった。

同映画は「眠れる森の美女」に登場する悪い魔女のマレフィセントの視点から描かれており、女優のアンジェリーナ・ジョリーが主役のマレフィセントを演じた。

そして、現在、続編の製作が進められており、映画『トランスポーター イグニション』(15)や『デッドプール』(16)、テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演したエドが悪役を演じると芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」は伝えた。

続編はヨアヒム・ローニングが監督を務め、アンジェリーナとエル・ファニングが1作目に続いて出演することになっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >